好きな「外国の作家」ランキング! 「サン=テグジュペリ」「J・K・ローリング」を抑えた1位は?

全国の男女316人に聞いた、「好きな外国の作家」ランキング! All Aboutが実施したアンケート調査結果から、“読書好き”からの人気が高かった「外国の作家」を回答者のコメントとともに紹介します。

All About編集部は、全国の10〜70代の男女316人を対象に、「読書」についての独自アンケート調査を実施しました(調査期間:2022年9月20日〜10月3日)。今回は、その中から「好きな外国の作家」ランキングを発表します。

>11位までの全ランキング結果を見る
 

第3位:アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

出典:新潮社

第3位は、フランス人作家の「アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ」。

「『星の王子さま』が好きだから。これを読むと子供時代の純粋な気持ちを思い出すことができるから(27歳女性)」「あまり海外の本は読まないが、『星の王子さま』は好きで何度が読み返しているため(29歳女性)」など、1943年にニューヨークで刊行された童話『星の王子さま』が好きとの声がが多く寄せられました。

「『星の王子さま』に何度も勇気をもらったため。好きだった人にまた会いたいが、簡単には会えない関係になってしまったとき、この本を読み、慰められるような気持ちになった(26歳男性)」など、日々の生活の中で『星の王子さま』が支えになったという声もありました。

空軍に入隊したのち、フランス民間航空界で活躍した飛行家でもあるサン=テグジュペリは、『人間の大地』『夜間飛行』『戦う操縦士』など、飛行士としての体験を基にした作品を数多く残しています。「作品に表れている著者の気品、生きる事への考え方、大切なものとは何か、という事について、とても優れた所見を持っているように思えたので、個人的に好きな作家です(36歳男性)」「飛行機や旅、冒険などロマンを感じるテーマの作品が多い。もっと作品を読みたかった(29歳女性)」などのコメントが寄せられました。
 

第2位:J・K・ローリング

出典:静山社

第2位は、イギリスの作家「J・K・ローリング」。

「やはりハリーポッターシリーズが最高です。読んでいてグイグイと引き込まれるストーリー展開が最高です(55歳男性)」「ハリーポッターシリーズを全巻読破したので(34歳女性)」「ハリーポッターが好きだから。本で読んでも映画で見ても、何回見ても面白い作品を作ることができる素晴らしい作家さんだと思っています(22歳女性)」など、世界的ベストセラーの『ハリー・ポッター』シリーズが大好きとのコメントが相次いで寄せられました。

『ハリー・ポッター』シリーズは、1997年から2007年の間に全7巻が刊行され、全世界で5億冊以上を売り上げる世界的ベストセラー。全8作品の映画が公開され、映画『ハリー・ポッターと賢者の石』の日本での興行収入は200億円を超えました。

「よく思いつくなあと思う魔法が次から次へと書かれてる(53歳女性)」「小学生の頃からハリーポッターシリーズを読んでいました。世界観を作るのがとても上手だなと思います(29歳女性)」「ハリーポッターの映画を小学生の頃見て凄く好きになって小説も読みました。キャラクター一人一人に物語があって何回見ても小説を読んでも楽しめる作品を作れるのは本当に天才だと思います(24歳女性)」など、無限に広がっていくファンタジーの世界に、子ども心のみならず、大人になっても魅了され続ける人が多いようです。
 

第1位:アガサ・クリスティ

出典:Amazon

第1位は、イギリスの作家「アガサ・クリスティ」でした。

「ミステリー作品なら右に出るものはいないから(38歳女性)」「推理小説が好きで、時代が変わっても色褪せない面白さがあるので(51歳女性)」「推理小説が好きで今まで読んだ海外作家の中で1番読みやすく、次の展開が気になっていく(29歳女性)」など、“ミステリーの女王”とも呼ばれるアガサ・クリスティの推理小説は、年月を経ても色あせない面白さ、との声が寄せられました。

『オリエント急行殺人事件』『そして誰もいなくなった』『ナイルに死す』など、合計66冊の長編小説はすべて日本語訳され、刊行された書籍数の累計は、全世界で推定20億部以上。亡くなってから40年以上たった今でも世界的ベストセラー作家として知られています。

回答者からは、「キャラクターが生き生きとし、ストーリー運びの上手さが秀逸で、犯人がわかっているにも関わらず何度も読み返せる(54歳女性)」「謎解きと人間関係の複雑さをうまくミックスさせているから(45歳女性)」「小説なので、ものごとがトントン進んでいくのは当然ですが、それを差し置いても読んでいてわくわくするし、文章がきれいだと感じました(『そして誰もいなくなった』)(34歳男性)」など、謎解きをしながら読めること、驚くようなトリックの数々だけでなく、登場人物の緻密な描写や文章の美しさなど、アガサ・クリスティ作品が長く愛される理由が数多く挙げられました。


>11位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
好きな「日本の作家」ランキング! 3位「伊坂幸太郎」、2位「湊かなえ」、1位は?
実は“まだ読んでいない”名作ランキング! 3位は夏目漱石『吾輩は猫である』、同率1位の名作とは?
日本の「文豪」といえば誰? 2位の「芥川龍之介」を抑えた圧倒的1位は? 【“読書好き”316人に調査】
読んでいると周りに「読書家だと思われやすい」作家ランキング! 「太宰治」「東野圭吾」を抑えた1位は?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望