好きな「日本の作家」ランキング! 3位「伊坂幸太郎」、2位「湊かなえ」、1位は?

全国の男女316人に聞いた、「好きな日本の作家」ランキング! All Aboutが実施したアンケート調査結果から、“読書好き”からの人気が高かった「日本の作家」を回答者のコメントとともに紹介します。

All About編集部は、全国の10〜70代の男女316人を対象に、「読書」についての独自アンケート調査を実施しました(調査期間:2022年9月20日〜10月3日)。今回は、その中から「好きな日本の作家」ランキングを発表します。
 

第3位:伊坂幸太郎


第3位は、伊坂幸太郎さん。小説『マリアビートル』(角川書店)が原作となった、ブラッド・ピット主演のハリウッド映画『ブレット・トレイン』が公開されたことでも話題を呼んでいます。国内外で合計14作品が映画化されており、2010年公開の堺雅人さん主演映画『ゴールデンスランバー』は、韓国でもカン・ドンウォン主演でリメイク版が製作されました。息をのむようなスピード感のある展開、物語の舞台として描かれることが多い宮城県仙台市の風景描写など、伊坂幸太郎作品にしかない魅力にあふれています。

「どの作品も登場するキャラクターが個性的でユニークな会話が面白い。伏線回収が爽快で一気読みしてしまう(34歳女性)」「様々なストーリーが見事に一つに重なっていくところが面白いと思うから(37歳女性)」「笑いも皮肉も交えながら、引き込まれるストーリー作りが圧巻だから(39歳女性)」など、秀逸な伏線や先の読めない展開に引き込まれてしまうという声が集まりました。

また、「内容の密度は濃いのに文章はあっさりしていて読みやすく、展開が早くすっきりした読後感があるため(29歳女性)」「読書は気分転換。読みやすく頭を空っぽにして読めるため(31歳男性)」「少し感動とワクワクするストーリーで、気持ち良く読めるから(52歳男性)」など、読みやすくすっきりとした読後感で気分転換にもぴったりという声がありました。
 

第2位:湊かなえ

読んでイヤな気持ちになるミステリー“イヤミス”の代表的な作家として人気を集めている湊かなえさん。2008年に刊行された『告白』(双葉社)は、松たか子さん主演で映画化されました。吉永小百合さん主演の『北のカナリアたち』(原案)、戸田恵梨香さんと永野芽郁さんが母娘を演じる『母性』(11月23日公開予定)など、数々の作品がドラマ化・映画化され、多くのファンを獲得。自身の出身地・広島県の因島(いんのしま)をモデルにした、美しい島の情景描写も余韻を残します。

「独特な島の雰囲気がいい(32歳男性)」「主人公目線ではなく、他の人目線でストーリーが進んでいくのが面白く、後味がほどよくすっきりしない感じが癖になる(29歳女性)」「イヤミスのストーリー展開が唯一無二だから(43歳女性)」など、“イヤミス”ならではのすっきりしない読後感がクセになるという声も。

「物語の独自性があり、サスペンス的内容が身近な現実のような描写で、自分ごとのように引き込まれてしまうから。社会問題を盛り込んだストーリーの組み立てがあったり、頭の中でドラマ化しやすいので、ついつい一気に読みすすめたくなる(45歳女性)」「彼女が書く本は全てミステリアスで読んでいるとその世界に引き寄せられる感覚になるから。とても変わった世界観で話の展開が面白いから(20歳女性)」など、湊さん独特の世界に引き込まれてしまうという声が集まりました。
 

第1位:東野圭吾

1位は、日本を代表するベストセラー作家の東野圭吾さんでした。2005年に刊行された『容疑者Xの献身』(文藝春秋)では直木賞を受賞。巧みなミステリーに翻弄(ほんろう)され、恋愛や友情などに揺れる登場人物の心理描写に魅了されます。福山雅治さん主演のテレビドラマ『ガリレオ』シリーズ(フジテレビ系)、広末涼子さん主演で映画化された『秘密』、木村拓哉さん、長澤まさみさんダブル主演の『マスカレード・ホテル』など、数多くの作品がドラマ化・映画化されています。

「ストーリー構成が巧みで、心情描写が深いから(26歳女性)」「ミステリーという大枠の中で、様々なシチュエーション、業種、設定の物語があり、読みやすく、毎度新刊を楽しみにしています(34歳男性)」「脳内ではっきりと映像化がしやすい無駄のない文章と綺麗に伏線回収をされる展開が面白いからです(26歳女性)」など、緻密に伏線を張られたミステリーが面白く、登場人物たちの心理描写に人情味を感じるという声もありました。

さらに、「東野圭吾さんの作品は今まで発表されたものは全て読んでおります。理数系学部を出ておられるからかトリックが物理的、科学的で複雑でとても面白いです。あと、最後に、そういうことか〜、みたいな感じの、元に戻ってもう一度読んでみたくなるテクニックが、とっても好きです(50歳女性)」「最後の最後にどんでん返しがあって面白いから(27歳女性)」など、最後まで読めないストーリー展開に驚き、また読み返すという声もありました。


>14位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
実は“まだ読んでいない”名作ランキング! 3位は夏目漱石『吾輩は猫である』、同率1位の名作とは?
日本の「文豪」といえば誰? 2位の「芥川龍之介」を抑えた圧倒的1位は? 【“読書好き”316人に調査】
読んでいると周りに「読書家だと思われやすい」作家ランキング! 「太宰治」「東野圭吾」を抑えた1位は?
好きな「外国の作家」ランキング! 「サン=テグジュペリ」「J・K・ローリング」を抑えた1位は?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化