おいしいけど正直「高い」と感じる「餃子の王将」のメニューランキング! 第1位に選ばれたのは?

All About編集部は全国の20~60代の男女362人を対象に人気チェーン店「餃子の王将」に関するアンケートを実施。今回は、その中から「餃子の王将」でおいしいけど正直「高い」と感じるメニューランキングを発表します! (画像出典:餃子の王将 公式サイト)

All About編集部は2022年9月20~29日、全国の20~60代の男女362人を対象に人気チェーン店「餃子の王将」に関するアンケートを実施。調査の結果を基に、本記事では「餃子の王将」でおいしいけど正直「高い」と感じるメニューランキングを発表します!


>15位までの全ランキング結果を見る

 

第3位:「ごま団子」(21票)

第3位に選ばれたのは、1皿税込363円の「ごま団子」。「餃子の王将」でも人気が高い中華料理の定番デザートですが、中には価格設定が「高い」と感じている人もいるようです。
 

回答者からは「おいしいがゆえにたくさん食べたいのですが、その割にはちょっと高いと思います(34歳男性/兵庫県)」「スイーツにしては高い(29歳女性/神奈川県)」「ちょっと食べるのにいいサイズだけど団子にしては高いと感じます(48歳女性/群馬県)」「もうちょっと安くしてくれたら嬉しい(26歳女性/愛知県)」「もうちょっと数が欲しいです(41歳女性/大阪府)」と、味については高い評価が集まったものの、「もう少し量が欲しい」などの要望が寄せられました。
 

第2位:「鶏の唐揚」(23票)

第2位に選ばれたのは、1皿税込594円の「鶏の唐揚」でした。同調査の「好きなおかずメニューランキング」でも2位にランクインした人気メニューですが、価格に対して個数が少なく、餃子と比べると高く感じるという声が寄せられています。
 

回答者からは「量はそんなに多くないのに高い(30歳女性/山梨県」「入っている個数の割には高いと思う(35歳女性/兵庫県」「572円だが思ったより量が多くないから(33歳男性/大阪府)」「餃子と比べると高く感じてしまう(37歳男性/東京都)」などのコメントが集まりました。


さらに、「原価自体は安いと思う。サイズも大きくて美味しいが、少し高く、プラス一品となると悩む(40歳男性/大阪府)」「胸肉のわりに高い気がする(34歳女性/和歌山県)」など、使っている鶏肉の部位が胸肉であることが満足感につながらないという意見もありました。
 

第1位:「エビのチリソース」(52票)

第1位に選ばれたのは、1皿税込715円の「エビのチリソース」でした。一品料理の中でも人気が高いメニューですが、「おいしい」と感じる反面、価格が「高い」と思っている人も少なくないようです。
 

回答者からは「量が少ないのに高い(29歳女性/大阪府)」「エビの数が値段の割に少ないから(44歳女性/広島県)」「量が少し少ないからです(30歳・回答なし/福島県)」「美味しいのですが、エビの量が少なくて悲しいです(26歳女性/埼玉県)」など、ボリュームに関するコメントが多く集まりました。

また、「美味しいですが、値段が600円以上するので高いと感じました(33歳男性/千葉県)」「海老だから高いのは仕方ないとは思うけれど、あと100円くらい安ければうれしいと思う(25歳女性/熊本県)」「食べてみたいという興味はあるが、値段を見て結局いつものメニューにするから(34歳女性/兵庫県)」「原価が高いのもあるのだろうけど、正直高く感じます(27歳男性/大阪府)」と、エビの原価が高いことは理解しつつも、手が出しにくいという声が集まりました。


>13位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです
※価格は全て「北海道・東北・関東・信越」エリアかつ店内飲食の場合です


【おすすめ記事】
コスパがいいと思う「餃子の王将」のメニューランキング! 3位「天津飯」、2位「炒飯」、圧倒的1位は?
「餃子の王将」で好きな麺類のメニューランキング! 2位「野菜たっぷり五目あんかけタンメン」、1位は?
「餃子の王将」で好きな飯類ランキング! 3位「天津炒飯」、2位「天津飯」を抑えた圧倒的1位は?
「餃子の王将」で好きなおかずメニューランキング! 圧倒的1位は「餃子」、2位以下は?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化