「餃子の王将」で好きな飯類ランキング! 3位「天津炒飯」、2位「天津飯」を抑えた圧倒的1位は?

All About編集部は全国の20~60代の男女362人を対象に人気チェーン店「餃子の王将」に関するアンケートを実施。今回は、その中から「餃子の王将」で好きな飯類のメニューランキングを発表します! (画像出典:餃子の王将 公式サイト)

All About編集部は2022年9月20~29日、全国の20~60代の男女362人を対象に人気チェーン店「餃子の王将」に関するアンケートを実施。調査の結果を基に、本記事では「餃子の王将」で好きな飯類のメニューランキングを発表します!


>8位までの全ランキング結果を見る

 

第3位:「天津炒飯」(42票)

第3位に選ばれたのは、「天津炒飯」(税込671円)でした。ふわふわの卵と熱々のあんかけが食欲をそそる一品。選べる3種類のタレは「甘酢」「塩ダレ」「京風ダレ」で、炒飯との相性も抜群です。


回答者からは「炒飯とあんかけの卵の相性が抜群ですね(52歳男性/東京都)」「炒飯と天津飯、両方味わえるから(34歳女性/和歌山県)」「チャーハンと甘酢あんの組み合わせが最高(39歳男性/神奈川県)」「ボリュームがあって、美味しい(34歳女性/沖縄県)」など、人気メニューの「炒飯」と「天津飯」を掛け合わせた、食べごたえのある味に評価が集まりました。


また「卵がふわふわで美味しい(29歳女性/兵庫県)」「香ばしい味の炒飯にふわとろな卵に、なにより餡が本当に美味しいので毎回注文するくらい好きです(38歳女性/愛知県)」「家では絶対に出せない味で大好きです(44歳女性/兵庫県)」などのコメントもありました。
 

第2位:「天津飯」(79票)

第2位に選ばれたのは、長年の定番メニュー「天津飯」(税込561円)。老若男女から愛される味で、幅広い世代からの支持を獲得しました。
 

回答者からは「昔からの定番メニューなので(46歳男性/神奈川県)」「子どもの頃からよく食べていた思い出の味だから(34歳女性/兵庫県)」「とても美味しくて餃子にも合うので良く食べるメニューだからです(29歳女性/大阪府)」「子供から高齢者まで好き嫌いなく食べられるメニューで、これを頼むと家族全員機嫌がよくなる(28歳女性/静岡県)」など、昔からなじみのある味でおいしいという声が集まりました。
 

「卵がふわふわしていて美味しいから(33歳男性/千葉県)」「甘さと酸味が効いたあんかけが美味しいから(30歳女性/鹿児島県)」「王将でしか食べられない甘酸っぱい餡が大好きだからです(30歳女性/兵庫県)」など、ふわふわの卵と甘酸っぱいあんかけがやみつきになっている人も多いようです。
 

第1位「炒飯」(149票)

第1位に選ばれたのは、“秘伝の味付け”が長く愛されている「炒飯」(税込528円)でした! 看板メニューの餃子とも相性抜群で、合わせて頼む人も多いようです。
 

回答者からは「シンプルでいつも変わらない味(30歳女性/千葉県)」「パラパラのチャーハンは絶品(28歳男性/東京都)」「炒飯は王将の定番だと思うくらい美味しいので(29歳女性/大阪府)」「王将の炒飯のパラパラ感が他のお店にはなく大好きです(25歳女性/京都府)」「素朴な味でおいしい(34歳女性/千葉県)」など、シンプルな味と“パラパラ感”を支持する声が集まりました。


「値段が安くて大盛りでも安価で食べられるから(33歳男性/大阪府)」「コストパフォーマンスが良いから(34歳女性/茨城県)」「安くて食べやすく美味しいから(30歳女性/兵庫県)」と、安くておいしいのでコスパが良いという意見も多く集まりました。


>8位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです
※価格は全て「北海道・東北・関東・信越」エリアかつ店内飲食の場合です


【おすすめ記事】
「餃子の王将」で好きな麺類のメニューランキング! 2位「野菜たっぷり五目あんかけタンメン」、1位は?
コスパがいいと思う「餃子の王将」のメニューランキング! 3位「天津飯」、2位「炒飯」、圧倒的1位は?
おいしいけど正直「高い」と感じる「餃子の王将」のメニューランキング! 第1位に選ばれたのは?
「餃子の王将」で好きなおかずメニューランキング! 圧倒的1位は「餃子」、2位以下は?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在