「ハンドドリップ」と「サイフォン」は何が違う? 「違いの分かる人」になれるコーヒーの豆知識

10月1日はコーヒーの日! ペーパードリップとネルドリップの違い、ハンドドリップとサイフォンの違いなど、「違いの分かる人」になれるコーヒーの豆知識をご紹介します!

10月1日はコーヒーの日!


コーヒー国際協定が定めるコーヒーの新年度が、コーヒー豆の収穫・出荷時期に合わせて10月からになっていることにちなんで制定されました。


今回はドリップとサイフォンの違いなど、「違いの分かる人」になれるコーヒーの豆知識をご紹介します!
 

画像出典:いらすとや

 

「ペーパードリップ」と「ネルドリップ」の違い

ペーパードリップとは、漏斗型のドリッパーに漉紙をセットして、上からお湯を注ぐ抽出方法。


ドイツのコーヒー機器メーカー、メリタの創業者が特許を取得して創業したのがはじまりとされ、身近なコーヒーの淹れ方として普及しています。


一方のネルドリップとは、紙でなくフランネル布をフィルタにする抽出方法。紙に比べて油分が抽出されやすいため、口当たりが滑らかかつしっかりした味わいになります。

 

「ハンドドリップ」と「サイフォン」の違い

ペーパードリップもネルドリップも、フィルタに上からお湯を注いで抽出するので「透過法」とされ、どちらも手で抽出することからハンドドリップと呼ばれます。


一方、サイフォンとは、蒸気圧によって押し上げた高温のお湯をコーヒー粉に浸す「浸漬法」で抽出する器具、およびその抽出方法のこと。


透過させるハンドドリップに比べて、浸漬させるサイフォンは豆の風味がしっかりと抽出されて、味わいもより濃いものになります。


また、抽出する温度が高いので香り立ちも強く、手作業ではないため味の再現性も高いという特徴もあります。

 

「マキネッタ」と「パーコレーター」の違い

キャンプなどのアウトドアで、直火で手軽に美味しいコーヒーを淹れられることで人気の「マキネッタ」と「パーコレーター」ですが、どう違うのかご存じでしょうか。


マキネッタとは、イタリアのビアレッティが発明した、沸騰した水の蒸気圧で抽出する、ポット型の直火式エスプレッソ・メーカー。


一方のパーコレーターは、フランスで考案されてアメリカで普及した、ポット型のコーヒー器具。ポットの内部で圧力によって循環させたお湯が、シャワーのように降り注ぐことで抽出します。


ポット型で直火式という点は同じですが、中の仕組みは異なり、マキネッタはエスプレッソであるのに対して、パーコレーターはドリップコーヒーであるという違いがあります。


淹れ方も奥が深いコーヒーの世界。この機会に、味わってみてはいかがでしょうか。


【おすすめ記事】
「カフェオーレ」と「コーヒー牛乳」の違いは何? 「違いの分かる人」になれる豆知識
「からし」と「マスタード」は何が違う? 知っているようで知らない「からし用語」
「ソフトクリーム」と「アイスクリーム」は何が違う? 知っているともっと美味しくなるソフトクリーム用語
「カレーライス」と「ライスカレー」は何が違う? 知ってるようで知らない「カレー用語」
「親子丼」と「他人丼」は何が違う?「違いの分かる人」になれる親子丼の豆知識

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化