異常と異状の違いは? 正しい使い分けや意味、例文

異常は、「正常」と対を成す言葉で、通常と異なること全般に対して使用しますが、異状は「異常な状態」を指しており、通常とは違う「状態」に限定して使用されます。異状は、「状態」を指すので「名詞」、異常は「形容動詞」という違いもあります。

「異常」と「異状」の違いは? 正しい使い分けや意味
「異常」と「異状」の違いは? 正しい使い分けや意味

皆さんは「異常」と「異状」の違い、分かりますか? どちらも「いじょう」と読む熟語で、「いつもとは異なる」というような意味で使われる点でも共通しています。
 

では、この2つの言葉が同じ意味なのかというと、そのニュアンスは微妙に異なります。今回は「異常」と「異状」の意味の違いや、使い分け方を具体的な用例とともにフリーアナウンサーの笠井美穂が解説します。
 

<目次>
「異常」と「異状」で意味の違い
「異常」と「異状」の使い分け方
「異常」と「異状」の例文
「異常」と「異状」では使い分けに注意

「異常」と「異状」で意味の違い

「異常」は、「正常」と対を成す言葉で、通常と異なること全般に対して使用しますが、「異状」は「異常な状態」を指しており、通常とは違う「状態」に限定して使用されます。

「異状」は、「状態」を指すので「名詞」、「異常」は形容動詞という違いもあります。

「異常」と「異状」の使い分け方

「異常」と「異状」には意味だけでなく、使い方にも違いがあります。先述したように、品詞としての使い分け方です。

名詞的用法、つまり「普段とは違う状態」という言葉で置き換えられるような場合は「異状」を用いる一方、形容動詞的用法、つまり「普段とは違った」や「通常とは違って」などの言葉に置き換えられる場合は「異常」「異状な~」を使うと考えるとよいでしょう。「異状な~」という使い方はできません。

「異常」と「異状」の例文

最後に「異常」と「異状」の具体的な用例を示します。
 
「異常」の例文

「今年の夏は、異常な暑さが続いている」
「強いストレスがかかると異常な行動が現れる場合がある」
「あの件に関して彼は異常なまでのこだわりを見せている」
 
「異状」の例文

「その患者は以前から体の異状を訴えていました」
「全員異状がないことが確認されました」

「異常」と「異状」では使い分けに注意

いつもとは異なるということを表す「いじょう」という言葉。
 

「異常」「異状」2つの表記のうちどちらを使うか悩むこともあるかもしれませんが、普段との違いに重点が置かれている場合、また形容動詞的な使い方をする場合は「異常」。
 

普段と違う状態に重点が置かれている場合や、名詞的な使い方をする場合は「異状」を使うのがよいでしょう。


■執筆者プロフィール

作者プロフィール

笠井 美穂(かさい みほ)
福岡県出身。九州大学文学部を卒業後、KYT鹿児島讀賣テレビに入社。退社後は、報道番組を中心にフリーアナウンサーとして活動。これまでの出演は、NHK北九州放送局『ニュースブリッジ北九州』、NHK BS1『BSニュース』、NHK Eテレ『手話ニュース』、NHK ラジオ第1『NHKきょうのニュース』『ラジオニュース』など。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」