永野芽郁、23歳の誕生日にミニスカワンピのプラダコーデ披露! 絶対領域あらわな露出多めの姿にファン歓喜

俳優の永野芽郁さんが、9月24日に自身のInstagramを更新。同日に23歳の誕生日を迎え、ノースリーブデザインのミニスカワンピースコーデを披露しました。

俳優の永野芽郁さんが、9月24日に自身のInstagramを更新。ミニスカートコーデを披露しました。
 

「芽郁ちゃん23歳のお誕生日おめでとう」


永野さんは同日に誕生日を迎え「23歳になりました 沢山のお祝いメッセージありがとうございます」とコメントし、2枚の写真を投稿。ノースリーブのワンピース姿を披露しました。
 


永野さんは22日の投稿で、ファッションウィーク参加のためイタリア・ミラノを訪れたことを報告。23日には自身がアンバサダーを務めるファッションブランド「PRADA(プラダ)」のワンピースを着用して、デザイナーのミウッチャ・プラダさんとのツーショットを公開していました。

永野さんの誕生日投稿に、ファンからは「芽郁ちゃん23歳のお誕生日おめでとう」「素晴らしい一年となりますように」「23歳、笑顔溢れる素敵な毎日になりますように」「これからも大好きです」など、祝福のコメントが多く寄せられました。
 


>次ページ:永野芽郁さんの他の投稿を見る
 


【おすすめ記事】
「絵本の中に迷い込んだお姫様みたい」永野芽郁、美しすぎる横顔ショットに「最強だよね」の声
永野芽郁、PRADAバッグ×二の腕見せの夏コーデに「透明感ありすぎ」「一生ついて行きます」と大反響!
「安定のビジュのよさ」永野芽郁、青山テルマとのハグツーショットに「意外と身長差あるんだね!」の声
「永野芽郁」出演の好きなドラマランキング! 3位『半分、青い。』、2位『3年A組』、1位は?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」