「マスクしてないお客様がくると意図的に…」スーパーのアルバイト経験者が教える裏知識

All About編集部で、全国に住む10~60代の男女500人に対して、アルバイト経験についてのアンケート調査を実施。回答の中から、今回は「スーパーバイトの裏情報」を紹介します。


スーパーマーケットのバイト裏情報、教えます!


TwitterなどのSNSで、元アルバイトが業界の闇や裏事情を告発する投稿が話題になっています。そこでAll About編集部では、全国に住む10~60代の男女500人に対して、アルバイト経験についてのアンケート調査を実施。


回答の中から、今回は「スーパーバイトの裏知識」を紹介します。

 

バックヤードで賞味期限を延長!? スーパーバイトの裏事情


まずは、知られざるスーパーバイトの裏事情。


「マスクを着用されていないお客様がくると意図的に、マスク着用のアナウンスが流れる(20代・男性)」


「賞味期限が切れる直前の生魚をバックヤードで焼いて更に賞味期限を3日延長して陳列していました。(鰻の蒲焼き、ブリの照り焼き等)(30代・男性)」


「青果、生肉、鮮魚、あらゆる部門の賞味期限が近いものは惣菜部門に買い取って貰い、メイン料理やおかずに生まれ変わっていました(50代・女性)」


なるほど、食品ロスを減らす工夫といえますね。

 

知られざる業務! 万引き保安員バイトの実態


続いて、知られざる万引き保安員バイトの実態も。


「(万引き防止の)保安員のアルバイトで、ある売り場で万引きのおそれがある人がいるときに、『○○市からお越しの(保安員の名前)さん、××売り場にお客様がお越しです』と呼び出されてました(50代・女性)」


「保安員のアルバイトは、人を疑う仕事なので、精神的に厳しかったです。万引きされてしまうよりは、こちらの存在に気づかせて防止してました。そのため仕事してないみたいに思われてたのが余計にしんどかったです(50代・女性)」


人を疑うのが仕事! 確かに精神的にしんどそうです。

 

罪悪感を感じる……! バイト中は言えなかったこと


そして、バイト中は言えなかった本音も。


「スーパーのバイト、食品ロスがすごい。廃棄する作業がとても罪悪感を感じる(40代・女性)」


「スーパーでこれ美味しくなかったんだけどって、それはメーカーに言ってください(20代・女性)」


「スーパーのレジバイトで、卵がすでに潰れていたのにレジのせいにする方がいました。そう思っても謝って新しいものと交換するしかありませんが、かごに入れるときから気を付けてほしいです(30代・女性)」


日々、罪悪感やクレームと戦うスーパーの店員さん。接客される際は、こちらも思いやりを持って接したいですね。


※回答者コメントは原文ママです


【おすすめ記事】
「親のエゴで決めないで」「生徒の嘘が見分けられる」経験者が教える塾講師バイトの裏知識
「直営HP予約のほうが安いことも」「連泊の人に言いたい本音」旅館・ホテルの元バイトが教える裏知識
「言ってはいけない言葉は…」「達成感があって楽しい」経験者が教える引っ越しバイトの裏知識
「前日の焼き直しがある」「使ってる小麦ほぼ同じ」元バイトだから知っているパン屋の裏知識
「白杖を持った男性がお薬を買いに来ていて…」無知な自分を恥じた、薬局バイトでの社会勉強エピソード

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」