米津玄師、YouTubeで「玄米」と検索した驚きの結果に反響の声! 「面白すぎるやろ」「どんまい」

シンガーソングライターの米津玄師さんは9月8日、自身のTwitterを更新。YouTubeで「玄米」と検索して出てきた結果を報告しました。コメントでは「時々見間違える笑笑」と、反響の声が多数上がっています。

シンガーソングライターの米津玄師さんは9月8日、自身のTwitterを更新。YouTubeで「玄米」と検索して出てきた結果を報告しました。
 

「全部ご飯で草」


米津さんは、YouTubeの検索で「玄米」と入力して出てきた結果のスクリーンショットを公開しました。画像上部に「おかず」「無洗米」といった玄米に関するキーワードが並び、下部に自身の楽曲『Lemon』のサムネイルが表示されています。

コメントでは「本人が玄米で検索して出てくるん面白すぎるやろ」「ご飯ですやん」「どんまい」「時々見間違える笑笑」「全部ご飯で草」と、反響の声が多数上がっています。

米津さんは2018年3月にリリースしたシングル『Lemon』が大ヒットを記録し一躍有名に。同年12月に放送の『第69回NHK紅白歌合戦』(NHK)では初のテレビ歌唱を果たすなど、歌手として輝かしい活躍を見せます。現在もさまざまなドラマや映画の主題歌、CMソングなどを手掛け、今最も注目されているアーティストの1人です。


>次ページ:米津玄師さんの他の投稿をもっと見る


【おすすめ記事】
好きな花火ソングランキング! 3位はAdoの『花火』、2位はMr.Childrenの『HANABI』、1位は?
菅田将暉、坊主&ヒゲ姿の最新ショットが「ワイルドで素敵」「大人の男感」と話題に
兼近大樹、約2カ月ぶりの最新イケメンショット披露! 「セカオワのfukaseさんかと」「かっこよすぎ!!!」
映画『シン・ウルトラマン』コラボイベントが横浜・みなとみらいで開催! 4施設巡るスタンプラリーも

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」