好きな花火ソングランキング! 3位はAdoの『花火』、2位はMr.Childrenの『HANABI』、1位は?

バイドゥが運営する「Simeji」は、2022年6月27日~7月5日の期間、10~24歳の男女528人を対象にした「好きな花火ソング」のアンケート調査を実施。Z世代が思い描く花火ソングを発表します!


夏の風物詩「花火」をテーマにした楽曲は、数多くありますよね。バイドゥが運営する「Simeji」は、2022年6月27日~7月5日の期間、10~24歳の男女528人を対象にした「好きな花火ソング」の調査を実施。Z世代が選ぶ花火ソングをランキングで紹介します。
 

3位:『花火』/Ado


『うっせぇわ』で大ヒットしたAdoさんの『花火』が3位にランクインしました。『花火』は、ファーストアルバム『狂言』に収録されており、作詞作曲をボカロP出身の音楽プロデューサー・くじらさんが手掛けたことでも話題の1曲です。青春時代をテーマにしていることから、Z世代の心をつかんでいるようですね。

回答者のコメントには「Adoさんの声は迫力がある!!」「歌声が綺麗」「かっこいい」「adoが好き」などの声が上がり、Adoさんらしい力強い歌声と楽曲の切なさに評価が集まりました。
 

2位:『HANABI』/Mr.Children


2位にランクインしたのは、Mr.Childrenの『HANABI』でした。2008年に発売された『HANABI』は、フジテレビ系のドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の主題歌で、“ミスチル”の代表的な曲ともいえるヒットソングです。歌詞とドラマのストーリーがリンクするような部分も多く、ドラマのファンからも強い支持を得ています。

回答者のコメントには「爽やかな部分やかっこいい部分もあるから」「スカッとする」「お父さんの影響ミスチルが大好きだから」「ドラマの主題歌で知ったのがきっかけで好きになった」といった声が集まりました。
 

1位:『打上花火』/DAOKO × 米津玄師


1位に輝いたのは、映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の主題歌として起用された、DAOKO × 米津玄師の『打上花火』でした。DAOKOさんの透き通るような歌声と、米津さんの歌唱力が重なり合い、何度も聴きたくなる花火ソングがトップに輝きました。

回答者のコメントには「ゆったりとした曲調から花火があがりパッとテンポが上がるところがいい」「daokoさんと米津玄師さんの声の重なりが好き」「曲が幻想的。聞いているだけで夏を感じる」「花火と言ったらこれ!」との声が上がり、エモーショナルで夏らしい曲調に人気が集まりました。


>10位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
高校生が今一番好きなアーティストランキング、3位は「優里」! 同率で1位となった2組は?【2022年最新】
校歌の作詞・作曲を依頼したいアーティストランキング! 2位「YOASOBI」を超えた1位は?
「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022」 注目アーティストは? ウーバー、バンプ、あのレジェンドまで登場! 【ロッキン2022】
「過去10年フジロック歴代ヘッドライナーで好きなアーティスト」3選! 「King Gnu」、他は?

【関連リンク】
プレスリリース
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応