『初恋の悪魔』第7話 仲野太賀 手紙で号泣シーンに反響「胸が痛い」「二重人格設定がまさかこう繋がるとは…」

9月3日に放送されたドラマ『初恋の悪魔』(日本テレビ系)第7話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『初恋の悪魔』公式サイト)。

仲野太賀さんと林遣都さんが、二重人格の女性を挟んで三角関係をこじらせる展開となっているミステリアスコメディードラマ『初恋の悪魔』(日本テレビ系)。9月3日に放送された第7話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

初恋の悪魔
画像出典:日本テレビ「初恋の悪魔」公式サイト

 

第7話のおさらい

鈴之介(林遣都)の家で星砂(松岡茉優)と再会した悠日(仲野太賀)は、星砂の無事を喜びつつも、警戒心をあらわにしてくる彼女を見て別人格だと察し複雑な思いを抱きます。そんな中、殺人事件が発生。被害者の男子大学生には無数の刺し傷があり、靴を履いておらず。その手口は、森園(安田顕)が裁判を担当した5年前の事件、さらには朝陽(毎熊克哉)がリサ(満島ひかり)を逮捕した3年前の事件とそっくりでした。
 

森園は今回の事件を連続殺人の“第3の事件”だと鈴之介に詰め寄り、星砂もまた、ここで真犯人を見つければリサの無実が証明できると意気込みます。鈴之介は2人の勢いに押され、3人で捜査をすることに。一方、悠日は雪松署長(伊藤英明)を殴ってしまったことで自宅謹慎を命じられ、琉夏(柄本佑)は恋人も職も失いそうな悠日を心配し慰めます。しかし間もなく、悠日には懲戒解雇処分の通知が。
 

鈴之介たちが捜査を進めるうち、被害者の恋人だった女性・桐生菜々美(あかせあかり)が容疑者として浮上。警察も菜々美をマークし逮捕が決定的となる中、鈴之介は琉夏、悠日を呼び寄せて自宅捜査会議を決行。すると彼女がシロである可能性が出てきました。
 

捜査の最中、鈴之介を信頼し身を寄せる星砂の姿を見続けた悠日は堪えきれず、「摘木さんを返してください」と別人格の星砂に詰め寄ります。怯える星砂を守り、悠日に理解を促す鈴之介。悠日は星砂が懇意にしている開業医・小洗(田中裕子)に星砂を元に戻す方法を頼ります。すると小洗は星砂が書いたと思われる手紙を悠日に渡します。
 

ノートの切れ端に書かれていたのは、星砂が記憶を失くして別人格になった時のために、悠日に宛てたメッセージでした。――悠日を好きになった自分のことが好きだから、過去を掘り起こすな。自分だけじゃない2人の思い出があるんだから淋しがりすぎるな。泣くな。――最後のメッセージを読んだ悠日は、「まずい怒られる」と涙を堪えようとするも嗚咽は溢れ出て止まず。そんな悠日の背中を、小洗はいたたまれずに抱きしめてさすってやるのでした。

 

初恋の悪魔
画像出典:日本テレビ「初恋の悪魔」公式サイト

 

星砂からの手紙に号泣する悠日が切なすぎる

ラストには、森園と会ったばかりの雪松が涙を流しながら「なんとか片付いた。やっと終わったんだ」と“きょうこ”と呼ぶ誰かに電話をかける場面も。雪松に対する疑惑はますます深まるばかりです。
 

Twitterでは「多分署長が電話してるきょうこってもう現実にはいないのかな…。被害者3人は年齢的に同級生だよね...」「個人的には、星砂はもう一人格あると思ってるんだよな。そして最終的にそれが残る。そうするとちょうど6人(6面)だし」「笑ったり落ち込んだり、恋愛模様に関してはうまく言語化出来ないなぁ。事件の方は大体の人が予想してる通りなのか、もう一捻りあるのかって感じだけど」などミステリー要素への考察が盛り上がりを見せています。
 

また、「元の星砂さんに戻ってきてほしい悠日の気持ちは分かるけど、それを目の前で出てってくれと言われる別の星砂さんの気持ちも切ない」「やばい…星砂からの手紙と仲野太賀の涙で胸が苦しい…。二重人格の設定がまさか大切な人を失う悲しみに繋がっていくとは」「仲野太賀と田中裕子に泣かされた」「こんなに泣くことになるとは」「悠日の痛みと切なさが積もって、手紙で涙が決壊した」など、悠日の号泣シーンに多くの反響が寄せられています。
 

次回第8話からは最終章に突入。2人の人格をもつ星砂を挟んだ悠日、鈴之介の三角関係もさることながら、森園が追う事件に何かと絡んでくる雪松の正体と事件の真相から目が離せません。
 

『初恋の悪魔』第8話 9月10日放送予告



【バックナンバー】
『初恋の悪魔』第6話 ついに満島ひかりも参戦! “ヘビ女”松岡茉優の過去が明らかに「頭パンクしそう」
『初恋の悪魔』第5話 第一章完結! 友情深まるカラオケ大合唱シーンに反響「何回観ても号泣」「刺さるフレーズ多すぎ」
『初恋の悪魔』第4話 仲野太賀、松岡茉優への告白シーンにネット大絶賛「惚れた」「エモすぎて放心状態」
『初恋の悪魔』第3話 松岡茉優まさかの別人格出現でネット驚嘆! 「マジで上手すぎる」「名言に泣いたと思ったら…」
『初恋の悪魔』第2話 伊藤英明ナゾの“たかいたかい”にネット戦慄! もしやラスボス?「何だったんだあれは…」「意味不明」の声
『初恋の悪魔』第1話 全員曲者の坂元ワールド全開! 仲野太賀の名言&サイコパス林遣都に絶賛の声
「主演俳優に期待している夏ドラマ」ランキング! 3位『六本木クラス』、2位『石子と羽男』、1位は?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」