『初恋の悪魔』第1話 全員曲者の坂元ワールド全開! 仲野太賀の名言&サイコパス林遣都に絶賛の声

7月16日に放送されたドラマ『初恋の悪魔』(日本テレビ系)第1話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『初恋の悪魔』公式サイト)。

林遣都さん×仲野太賀さんW主演、脚本家・坂元裕二さんによる“小洒落てこじれたミステリアスコメディー”ドラマ『初恋の悪魔』(日本テレビ系)が7月16日に放送スタートしました。第1話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

初恋の悪魔
画像出典:日本テレビ『初恋の悪魔』公式サイト

 

第1話のおさらい

とある病院に長期入院中の少年・新(柴崎風雅)が、病院の中庭で遺体となって発見され、同室に入院していた少年・大希(髙橋來)が担当医師の堂島に殺されたと証言。その後、大希は病状が悪化して危篤状態に。飛び降り自殺と思われていた事件には、医師による殺人の可能性も浮上しました。
 

境川警察署・総務課職員の馬淵悠日(仲野太賀)は、署長の雪松鳴人(伊藤英明)から、銭湯に拳銃を忘れ停職処分中の刑事・鹿浜鈴之介(林遣都)の監視を命じられます。刑事だった悠日の兄は捜査中の事故で殉職。雪松はその死に鹿浜が関わっていると疑っていました。戸惑いながらも悠日は鹿浜の家を訪ねることに。大きな洋館に1人で暮らす鹿浜は、凶悪犯罪愛好家で推理マニアの変人でした。
 

そんな折、悠日は会計課の小鳥琉夏(柄本佑)から、現在所轄で捜査中の病院での転落死事件の真相を突き止めてほしいと頼まれます。署内ではじきものにされている小鳥は、唯一話を真剣に聞いてくれる新人刑事・服部渚(佐久間由衣)に想いを寄せ、刑事課内で下っ端扱いをうける彼女に手柄を立てさせてあげたいと考えたのです。自分には事件を解決できる知識も能力もないと断ろうとした悠日は、不意に鹿浜のことを思い出します。
 

小鳥とともに鹿浜の屋敷を訪れた悠日。事件の概要を聞いた鹿浜は、医師がシリアルキラーである可能性が高いと興味を抱き、意気揚々と協力を受け入れます。3人は「第一回自宅捜査会議」を始めますが、小鳥は、鹿浜は犯人になってこそ真価を発揮するキラー属性の持ち主だと指摘し、逃げ出してしまいます。
 

悠日と小鳥が独自に捜査するため捜査資料管理室に侵入すると、そこには生活安全課の刑事・摘木星砂(松岡茉優)の姿がありました。悠日と小鳥は彼女にも協力を仰ぎ、鹿浜宅に集まって「第二回自宅捜査会議」を始めます。被害者に同情しないこと、加害者を裁かないことをルールに、逮捕も尋問もできず捜査権のない4人が、考察し真実を明かすために各々の推理を展開。夜が明ける頃、真相に辿り着きます。
 

小鳥は急ぎ病院へ向かい、真相を書いた紙飛行機を渚に向けて飛ばします。医師は観念し事件は解決。渚の手柄は同僚が横取りしてしまったものの、悠日らはグータッチで事件解決を喜びます。そんな中、署長から呼ばれた悠日は鹿浜について聞かれ、怪しいところしかないが悪い人とも思えないと答えます。署長は兄を殺した犯人として、動機のある悠日を疑っている様子。真犯人を探して無実を証明しろと告げられた悠日は、鹿浜宅を訪れ――。

 

初恋の悪魔
画像出典:日本テレビ『初恋の悪魔』公式サイト

 

全員曲者! 名セリフも早速登場で期待高まる

本作は、『カルテット』(TBS系)や『大豆田とわ子と三人の元夫』(フジテレビ系)など、毎度心にじんと響く名セリフや名言が話題を集める脚本家・坂本裕二さんによるミステリアスコメディー。
 

初回からテンポが良くウィットに富んだ会話やかけあいが光り、Twitterでは早速「『負けてる人生って誰かを勝たせてあげる人生』『僕たちが隅に居るから真ん中に立てる人がいる』…なんか言葉の意味の重さが深く伝わってくるような気がした」「坂元さんの書く台詞は何でこんな魅力的なんだろう。そしてその台詞回しがはまる絶妙なキャスティング」などの声が上がっています。
 

また、仲野太賀さん、林遣都さん、柄本佑さん、松岡茉優さんら個性豊かなキャラクターの魅力も存分に感じられた初回。「坂元ワールド全開。全員曲者(笑)みぞみぞする~」「怪演若手役者陣がクセ強キャラで、安顕さんに伊藤英明じゃん!と見入って、クスッと笑えるシーンもあって今期の推しドラマ決定!」「少しのシーンだけなのだが、田中裕子さんが登場した瞬間、場の空気が一気に変化する。かなりいい味出してるよな…」「サイコパス気質のある林遣都、かなり似合い役」「安田顕が、人殺しそうな顔してるだろって、猟奇殺人事件マニアの変態林遣都に言われてて草」などのコメントが寄せられています。
 

7月23日放送の第2話では、悠日に結婚を考えている恋人がいることを知り動揺する鹿浜。恋愛に関する偏った持論をもつ彼は、星砂への初恋を殺意だと言い出します。そんな中、刑事課では団地で起こっていた殺人事件の捜査が進んでおり――。
 

主要キャスト4人それぞれが重たい過去を背負っている様子。捜査権がない4人による真相解明と、彼らが抱える背景、そして恋愛要素がどのように交わっていくのでしょうか。坂元ワールドならではの展開と名台詞に期待です。
 

『初恋の悪魔』第2話 7月23日放送予告



【おすすめ記事】
「主演俳優に期待している夏ドラマ」ランキング! 3位『六本木クラス』、2位『石子と羽男』、1位は?
『純愛ディソナンス』第1話 劇伴&演出が『Nのために』『最愛』に似てる? 名ドラマ化に期待の声
「期待している夏ドラマ」ランキング! 3位『パパとムスメの7日間』、2位『オールドルーキー』、1位は?
『石子と羽男』第1話 中村倫也の早口長セリフにネット熱狂「すでにいいコンビ」「全員魅力的」の声
『競争の番人』第1話 「公取委」が舞台の異色ドラマ好発進! NHK大河『鎌倉殿』『真田丸』を思い出す声も

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在