『初恋の悪魔』第5話 第一章完結! 友情深まるカラオケ大合唱シーンに反響「何回観ても号泣」「刺さるフレーズ多すぎ」

8月13日に放送されたドラマ『初恋の悪魔』(日本テレビ系)第5話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『初恋の悪魔』公式サイト)。

仲野太賀さん、林遣都さんW主演のミステリアスコメディドラマ『初恋の悪魔』(日本テレビ系)。8月13日に放送された第5話で第一章が完結しました。ストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

初恋の悪魔
画像出典:日本テレビ『初恋の悪魔』公式サイト

 

第5話のおさらい

鹿浜鈴之介(林遣都)は隣人の森園(安田顕)とともに鹿浜邸の開かずの扉を開くと、その先の地下室で誰かが監禁されていた痕跡を発見。鈴之介が驚いている隙に、森園は鈴之介を地下室に閉じ込めてしまいます。
 

森園は、5年前に15歳の少年が行方不明となり、まもなく遺体で発見された事件について話し始めます。犯人は逮捕されたものの真犯人は他にいると考えている森園は、奇妙な家に住む鈴之介を疑っていたのです。「ここは僕の家に違いないが、僕の家ではない」と鈴之介。ひょんなことから森園も一緒に閉じ込められてしまいます。
 

一方、馬淵悠日(仲野太賀)は兄・朝陽(毎熊克哉)が残したスマホのロックを解除し、朝陽の死の謎を解きたいと摘木星砂(松岡茉優)に告げます。星砂は“もう1人の自分”が朝陽の死に関わっている可能性に不安を抱きます。
 

そんな中、新米刑事の服部渚(佐久間由衣)は、捜査解決のヒントが書かれた手紙が届くことを小鳥琉夏(柄本佑)に打ち明け、手紙の主が鈴之介ではないかと思っていると頬を緩ませます。渚に想いを寄せる琉夏は複雑な心境になりつつも、連絡がとれない鈴之介を心配し、悠日、星砂とともに鹿浜邸を訪れます。
 

鈴之介と森園を地下室から救い出す中で、屋敷の元の持ち主である老女・椿にまつわる哀しい過去が明らかに。椿は鈴之介との出会いによって、それまで持っていた世間への恨みを失い、鈴之介に感謝しながら穏やかに死を迎えました。鈴之介の屋敷は椿から譲り受けたものでした。
 

椿との交流を大切に思っていた鈴之介は、椿が日記に残した自身への「ありがとう」という気持ちを知りむせび泣きます。また、自分を心配して駆けつけてくれた悠日たち“友達”への特別な思いを胸に刻みます。4人はカラオケでひとしきり盛り上がり、友情の絆を深めます。
 

晴れて刑事に復職した鈴之介。一方、雪松署長(伊藤英明)に呼び出された悠日と星砂は、朝陽が殉職した現場を視察します。悠日が朝陽のスマホを雪松に渡そうとすると、星砂はスマホを奪い取って逃走。星砂を見かけた鈴之介が声をかけると、それは“もう1人”の彼女で――。

 

初恋の悪魔
画像出典:日本テレビ『初恋の悪魔』公式サイト

 

友情深まる4人のカラオケ大合唱シーンに反響

他人との交流が苦手で他者を拒絶する鈴之介が、悠日たちを“友達”と受け入れ、心を開く姿に胸が熱くなった第5話。Twitterでは「今回刺さるフレーズ多すぎ」「鹿浜さんに、羨ましいくらいのお友達が出来て良かった。どうでもいいことでも来るのが友達だろ?って言ってくれる友達…!」「鹿浜がインナーチャイルドを癒すシーン泣いた。『自分らしくいればいつか未来の自分が褒めてくれる。僕を守ってくれてありがとう』って」「カラオケで『CHE.R.RY』大合唱のシーン何回観ても号泣」「鈴之介『このサビをスルーできる人間などこの世に存在しない!』からの合唱シーン鬼リピ」など感動の声が殺到しています。

また、森園が元弁護士で雪松と5年前の事件でつながりがあることも明かされ、次回からの第二章への期待感が高まる中、「伊藤英明が怪しいんだけど、どういう展開になるか見当もつかなくてワクワク」「署長が犯人じゃないんだとしたら、馬淵兄に対して、友情を超えて家族愛または恋愛感情持ってたんじゃないの。と思うしかないほど毎回感じる狂気」など雪松署長に注目が集まっています。

朝陽のスマホを奪って逃走した“もう1人”の星砂が鈴之介の元に身を寄せ、星砂をめぐる悠日、鈴之介の恋模様が波乱の展開に。朝陽の殉職、5年前の少年殺害事件、星砂の過去など数々の謎がどうつながっているのか、「初恋の悪魔」が意味するものとは何なのか、ますます目が離せません。
 

『初恋の悪魔』第6話 8月20日放送予告



【おすすめ記事】
『初恋の悪魔』第4話 仲野太賀、松岡茉優への告白シーンにネット大絶賛「惚れた」「エモすぎて放心状態」
『初恋の悪魔』第3話 松岡茉優まさかの別人格出現でネット驚嘆! 「マジで上手すぎる」「名言に泣いたと思ったら…」
『初恋の悪魔』第2話 伊藤英明ナゾの“たかいたかい”にネット戦慄! もしやラスボス?「何だったんだあれは…」「意味不明」の声
『初恋の悪魔』第1話 全員曲者の坂元ワールド全開! 仲野太賀の名言&サイコパス林遣都に絶賛の声
「主演俳優に期待している夏ドラマ」ランキング! 3位『六本木クラス』、2位『石子と羽男』、1位は?

 

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在