『初恋の悪魔』第2話 伊藤英明ナゾの“たかいたかい”にネット戦慄! もしやラスボス?「何だったんだあれは…」「意味不明」の声

7月23日に放送されたドラマ『初恋の悪魔』(日本テレビ系)第2話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『初恋の悪魔』公式サイト)。

林遣都さん&仲野太賀さんW主演、脚本家・坂元裕二さんが送るミステリアスコメディードラマ『初恋の悪魔』(日本テレビ系)。7月23日に放送された第2話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

初恋の悪魔
画像出典:日本テレビ『初恋の悪魔』公式サイト

 

第2話のおさらい

馬淵悠日(仲野太賀)は恋人・結季(山谷花純)と結婚式の相談をする中、仕事を辞めて専業主婦として家庭に入るよう求められます。悠日は自分を身分不相応の相手だと認識し、結季に従うつもりでした。
 

悠日が鹿浜鈴之介(林遣都)に結婚することを告げると、鈴之介は激しく動揺し恋愛への偏った持論を語ります。悠日は鈴之介が摘木星砂(松岡茉優)に恋をしているのではと指摘。鈴之介は星砂に殺意を抱いているのだと言い出します。
 

そんな中、刑事課では団地で起こった殺人事件の捜査が進んでいました。被害者はかつて人気を博した兄弟コンビ芸人の兄・夕紀夫(内藤トモヤ)で、ハサミを胸に突き刺されて死亡。弟の日出夫(六角精児)は「なぜ兄貴が」と打ちひしがれていました。叫び声を聞いたという証言はあるものの犯人は不明。手がかりを見つけるため、服部渚(佐久間由衣)が1人で監視カメラの映像をチェックしており、何日も家に帰っていない様子の彼女を小鳥琉夏(柄本佑)は心配します。
 

悠日、琉夏、星砂は鈴之介の屋敷を訪れ、第3回自宅捜査会議を慣行。その帰り道、悠日は結季が他の男と抱き合っている姿を目撃します。外に彼氏を作ってもOKな“オープンマリッジ”を提案された悠日は何も言えず受け入れました。
 

悠日は殉職した優秀な兄・朝陽(毎熊克哉)にコンプレックスを持っており、ずっと電話に出ていませんでした。「相談にのってほしい」「こないだ言ったこと忘れてくれ。元気でな」と残された留守電を聞き返し、退職願をしたためます。寿退社するという悠日に「幸せなのか?止めておきなさい」と食い下がる琉夏。退職願を預かって渚を救うために事件の真相を考察するよう促し、鈴之介の屋敷で第4回捜査会議が行われます。
 

芸人として人気がある兄への嫉妬心と借金という動機がある上、アリバイが崩れた弟の日出夫が犯人だと結論づける一同。悠日は兄が切り刻んだ借用書を見て、仲直りできたのかもしれないとつぶやきます。その帰り、悠日は星砂に兄の話をし始めました。
 

父も兄も刑事という中、警察学校を半年で逃げ出した悠日。兄が殉職したから好きなことをする資格はないと考えていました。「一番欲しいものが手に入らなかった人は他のものが全然欲しくなくなってしまう」と悠日。他人を優先して顔では笑っているが、心の中では馬鹿にするなという気持ちが渦巻いている。自分がそんなひんまがった人間だから兄は死んでしまった――。
 

兄の電話に出なかったことを悔いる悠日に、「話したいことがある時は電話に出な。兄ちゃんから電話あったんだろ?」と星砂。悠日は兄の電話に出るふりをし、留守電に吹き込まれていた兄の問いに、涙ながらに返事をしていきます。悠日はふと、星砂に「もしかして兄のことを知っていたか」と問います。「わかんね」とはぐらかす星砂。しかし、朝陽が死亡した際に現場から持ち去られたと思しきスマホが、星砂の部屋にあるようで――。

 

初恋の悪魔
画像出典:日本テレビ『初恋の悪魔』公式サイト

 

仲野太賀×松岡茉優の心情吐露シーンに感動の声

悠日がなぜ他人を優先し自分の意思を持たないようにしているのか、兄・朝陽への後悔を抱えている心の傷が痛いほどに伝わってきた第2話。
 

Twitterでは「いつか、仲野太賀の回あると思ってたけど早くも2話からきたー!色々面白い」「仲野太賀の血が通っている芝居が好きすぎる…このドラマ今期ナンバーワン」「悠日の台詞、さすが坂本裕二脚本!琉夏に対する鈴之介の『なんでも社会の星人か』は笑った」「悠日はあれだけの本音を隠して生きてきたんだよね、と思うと号泣しちゃう。松岡茉優ちゃんの星砂もすごかったし…いやぁ、参りました!」など感動の声が続出しています。
 

また、クセの強いキャラクター描写が光る中、悠日の両親を雪松署長(伊藤英明)が“たかいたかい”するシーンにネットは騒然。「登場人物の奇行が多いドラマだけど…何だったんだあれは…」「もれなく意味不明な伊藤英明。安田顕はフェイクで伊藤英明が全ての鍵を握ってて、悠日たち4人を会わせて何か起きるの待ってる?」「伊藤英明のラスボス感ハンパない。怪しい」など疑惑の目が向けられています。
 

7月30日放送の第3話では、星砂をめぐって悠日、鈴之介の恋が動き出す予感。結季に翻弄される悠日は星砂との何気ないやりとりで癒される中、鈴之介との間を取り持つよう琉夏と鈴之介から圧を感じ複雑な思いを抱きます。悠日たち4人の面白おかしくも胸を打たれる見事な掛け合いに注目です。
 

『初恋の悪魔』第3話 7月30日放送予告



【おすすめ記事】
『初恋の悪魔』第1話 全員曲者の坂元ワールド全開! 仲野太賀の名言&サイコパス林遣都に絶賛の声
「主演俳優に期待している夏ドラマ」ランキング! 3位『六本木クラス』、2位『石子と羽男』、1位は?
「期待している夏ドラマ」ランキング! 3位『パパとムスメの7日間』、2位『オールドルーキー』、1位は?
『家庭教師のトラコ』第1話 無表情ヒロインが『家政婦のミタ』『女王の教室』に似てる? まさかの指導方法にネット騒然
『純愛ディソナンス』第1話 劇伴&演出が『Nのために』『最愛』に似てる? 名ドラマ化に期待の声

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」