まるで新品! 鋳物ホーロー鍋「バーミキュラ」のリペアサービスを使った感動のビフォーアフター

日本の鋳物ホーローメーカー「バーミキュラ」。使い古したバーミキュラの鍋を同社のリペアサービスに出してみました。驚きのビフォーアフター画像と併せてご紹介します。

日本が誇る鋳物ホーローメーカー「バーミキュラ」とは

ビフォーアフター バーミキュラ
日本製の鋳物ホーロー鍋「バーミキュラ(Vermicular)」

鋳物ホーロー鍋というと、「ル・クルーゼ(Le Creuset)」や「ストウブ(STAUB)」「シャスール(CHASSEUR)」などが有名ですが、これらは全て海外のメーカー。女性誌でル・クルーゼなどの特集を頻繁に組むようになったのは2007年頃だったと記憶しています。その頃にはまだ存在していなかったのが、日本メーカーが作り上げた鋳物ホーロー鍋「バーミキュラ(Vermicular)」です。
 

バーミキュラを手掛けるのは1936年創業で古くからある鋳造メーカー・愛知ドビーですが、鋳物ホーロー鍋としてのバーミキュラの発売は2010年。少し遅れてのスタートでした。しかし日本製ならではの細部までこだわった美しいデザインやサービスが注目を集め、たちまち人気の鋳物ホーロー鍋となったのです。
 

他にはないサービスの1つが「リペアサービス」、つまり修理です。筆者が10年以上使っていた他社の鋳物ホーロー鍋を先日欠けさせてしまい、修理してくれるところを探しましたがありませんでした。その流れで発見したのが、バーミキュラがお手頃価格で実施している、新品同様に生まれ変わらせてくれるリペアサービスです。
 

ボロボロになったバーミキュラの鍋をリペアサービスへ出してみた

昨年のこと、友人が営んでいた名古屋のしゃぶしゃぶ店がコロナ禍ということもあり閉店しました。その店で使われていたのが、バーミキュラの浅底鍋「オーブンポットラウンド26cm SUKIYAKI」です。
 
しゃぶしゃぶ店で毎日使われていたバーミキュラ
しゃぶしゃぶ店で毎日使われていたバーミキュラ

筆者も何度かこの店に足を運びましたが、店がオープンするときに友人が「鍋はバーミキュラにする」と言って、バーミキュラの本社にまで出向いていたことを覚えています。
 

閉店に際して、バーミキュラの鍋を格安で譲ってもらいました。その鍋がこちらです。 

外側も傷
随所に剥げた痕がある

  
毎日、毎日、朝から晩まで使われていたので、傷だらけになっていました。
 

剥げたバーミキュラ
中は剥げている

一日中使い続けられて乾燥する時間もなかったためか、中も変色したり、剥げているところもありました。これを今回、バーミキュラのリペアサービスを利用して塗り直しをお願いしたのです。
 

バーミキュラのリペアサービス申込みから到着まで

▼申込み方法
バーミキュラのリペアサービスは公式サイトのリペアサービスページから申し込みができます。カレンダーから引取希望日を選びます。
 

バーミキュラのリペアサービスでは、色を変えることも可能なのです。鍋のサイズによって選べる色が変わってくるので、申込みページで鍋のサイズを選び、プルダウンメニューに出てくる色から希望の色を指定します。
 

▼リペアサービス料金
リペアサービスの料金は、鍋の大きさと塗り直しに使う色によって変わってきます。14cmサイズ鍋の3630円から26cmサイズ鍋で特別色の1万3310円まで。送料は一律、往復で1500円(税込)となっています。
 

▼引取の準備をする
引取の日までに自分で梱包をしておきます。クッション材で鍋と蓋をそれぞれ包み、サイズが合いそうな箱に入れ、隙間ができないように中にもしっかりとクッション材を入れました。

リペアサービスに出すときは自分で梱包する
リペアサービスに出すときは自分で梱包する
 

リペアサービス修理後のバーミキュラの鍋はとんでもないことに

リペアサービス申込時に、修理後の到着日も指定します。約3週間後、ボロボロの箱に入れて出した鍋が、バーミキュラの美しい箱に入ってやってきました。ワクワクです。
リペアサービスから帰ってきたバーミキュラ
リペアサービスから帰ってきたバーミキュラ

鍋の中は美しいオフホワイト。あの黒ずんでいた状態が嘘のようです。
リペアサービス後のバーミキュラ
リペアサービス後のバーミキュラ

  
剥げていた持ち手やふたの縁ももちろんピカピカです。
 

リペアサービス前の鍋の色はナチュラルベージュでしたが、今回筆者はパールブラウンを希望しました。
 

外側のハゲもキレイ
外側の剥げていた部分もどこか分からない
  
パールの輝きと、グラデーションが美しい。どこから見ても新品同様。いや、新品でしょ。と言いたくなる美しさで、傷1つありません。
 
ビフォーアフター バーミキュラ
リペアサービスで新品同様になったバーミキュラ

リペア代と送料合わせて1万3600円で新品同様に生まれ変わりました。ちなみに、バーミキュラのリペアサービスは何度でも利用できるそうです。
 

数年使っているとどうしても剥げたり傷が付いたりしてきてしまう鍋。「汚くなってきたから」と捨ててしまう人もいるでしょう。しかし、バーミキュラのリペアサービスを利用すれば、新品同様に。まさにサスティナブルなサービスです。大切に大切に何十年と使い続けることができます。
 

物を買うときは、用途や価格、フォルムなどだけで決めてしまわずに、修理対応やその他サービスを含めて買うことが、暮らしのSDGsにつながりますね。


【おすすめ記事】
洗面台がピカピカ! 和気産業の「洗面コーティング剤」を使ったら汚れが付きにくくなった
キッコーマン「大豆麺」全4種を食べ比べ! 気になる糖質、カロリーは?
低糖質「カップヌードルPRO」は本当においしい? 全種類をいつものカップヌードルと食べ比べてみた!
ウェザーニュースの気象観測器「WxBeacon2」が超便利! 今いる場所の気圧や紫外線などが分かる
見つけたら即買い! ダイソー「加圧式霧吹き(ペットボトル用)」は100円以上の仕事ぶり!


【関連リンク】
バーミキュラ

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も