谷村新司、加山雄三と肩組みラスト『サライ』を熱唱! 「二人三脚の30年、本当にお疲れ様でした」とねぎらいの声

谷村新司さんのスタッフが運営する「谷村新司 スタッフ公式」Twitterが8月28日、投稿を更新。歌手の加山雄三さんとの最後の『サライ』を熱唱し、ファンから温かい声が寄せられています。

谷村新司さんのスタッフが運営する「谷村新司 スタッフ公式」Twitterが8月28日、投稿を更新。歌手の加山雄三さんとのツーショットを公開しました。
 

「ラストサライに爆泣き」「ありがとう」


谷村さんのスタッフ公式は投稿で、「『#24時間テレビ45 愛は地球を救う~会いたい~』無事に終了しました! #加山さん との 「#サライ」での #谷村さん の涙にスタッフ一同号泣でした 本番終了後の2ショットは満開の笑顔で!」とつづり、若大将こと歌手の加山雄三さんとのツーショットを披露しました。
 

『サライ』は『24時間テレビ』(日本テレビ系)から生まれた曲で、作詞を谷村さんと弾厚作さん(加山さんのペンネーム)が手掛けました。同番組で30年、歌い続けた加山雄三と谷村新司さんが2人で歌う最後の『サライ』。谷村さんがちらりと加山さんを見つめ、加山さんはスターらしく堂々たる姿で最後まで歌い切りました。
 

ネット上では「30年間ほんとにありかどうございました」「二人三脚の30年、本当にお疲れ様でした」「加山さんを気遣うように、手を添えて歌う谷村さんがとても印象的でした」「お二人の想いに胸が熱くなりました」と、長年、日本の音楽界を引っ張ってきた2人の姿に涙がこみ上げたファンからコメントが寄せられました。
 

加山さんは羽鳥慎一アナウンサーから感想を求められると、「感無量だよ!」と大きな声で返していました。そんな加山さん、12月のライブでコンサート活動を終了、今後は作曲家「弾厚作」として活動を続行していくと発表しています。30年、2人で歌ってきたラスト『サライ』に、テレビの前で「胸が震えた」人は、多かったようです。
 


>次ページ:谷村さんの日常投稿を見る
 


【おすすめ記事】
橋本環奈、美しすぎる学ラン姿公開! 「24時間テレビ感動しました」「パフォーマンス最高でした」の声も
EXIT・兼近大樹、『24時間テレビ』のマラソンに向け、応援の声続々「かねちの起こす揺らぎをしっかり見届けるね!」
「24時間テレビ」で印象に残っているパーソナリティランキング! 2位は2021年の「King & Prince」、1位は?
今年の24時間テレビ、7割以上が「見ない」「分からない」と回答。その理由は?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在