好きな「泳法」ランキング! 2位「クロール」、水泳の授業で“疲れなかった”1位は?

All About編集部では、学校生活での夏の恒例「水泳の授業」に関する独自アンケート調査を実施しました。今回はその中から、「好きな泳法」ランキングを発表! “速く泳げるから”との声が多かった「クロール」を抑えて1位になった泳法は?

All About編集部では、「水泳の授業」に関する独自アンケート調査を実施。調査は、全国の男女136人を対象にインターネット上で実施しました(調査期間:2022年8月1〜8日)。今回はその中から、「好きな泳法」ランキングを発表します。
 

第4位:背泳ぎ

4位は「背泳ぎ」でした。

回答者からは、「リラックスして泳げるからです」(55歳女性/愛知県)、「顔がずっと水面に出ているので息継ぎしなくて済むから」(38歳女性/兵庫県)、「仰向けになるだけで身体が浮いて、楽な姿勢で泳げるからです」(35歳女性/千葉県)など、息継ぎの必要がないので楽に泳げるというコメントが集まりました。

また、「背泳ぎはコツさえ掴めば永遠と泳いでいられます。腕が疲れたら身体の力を抜いて浮けば良いし、お空を見ながら泳ぐのはとっても楽しいです」(44歳男性/宮城県)、「このリストの中では最も長距離を泳げる泳法なので。特に海では、砂浜に沿って泳ぐと、どこまでもいけそうな気がするので爽快です。空も見えます」(44歳女性/広島県)、「初めて背泳ぎできたとき、嬉しかったと同時に目の前に広がる夏の青空がとても綺麗で感動したから」(35歳女性/宮城県)など、長い距離を泳げるし、空が見えるから好きだという人も。

中には、「一番自分が得意な泳ぎ方でした。周りに得意な子がそんなにいなかったので、自分だけちょっと特別な感じがあったのかもしれないです」(24歳女性/和歌山県)「小学生の頃、少しだけ水泳教室に行ったことがあり、クロールと背泳ぎまで習った。背泳ぎを習ったこととあまり周りで背泳ぎが得意な子がいなかったこともあり、唯一水泳が苦手だが、背泳ぎだけは少しだけ人より早く泳げたから」(48歳女性/東京都)など、背泳ぎが得意な子が周りに少なかったため、特別感があったというコメントもありました。
 

第3位:好きな泳法はない

3位は、「好きな泳法はない」でした。

回答者からは「どの泳ぎ方もできるため、これが好きと言う泳ぎ方がなかった」(29歳女性/茨城県)といった水泳が得意だからこそのコメントが寄せられたほか、「水泳に関しては嫌な思いでしかないので好きな泳法などもない」(34歳女性/沖縄県)など、泳ぐのが苦手な人からのコメントも。どのような理由にしろ、「特定の好きな泳法がない」人は一定数いそうです。
 

第2位:クロール

2位は、「クロール」でした。

回答者からは、「何となく速く泳げる感じがするので。見た目も力強くてかっこいいと思います」(37歳男性/長野県)、「一番スピードが出て、面白かったから」(50歳女性/宮崎県)、「クロールしか泳げなかったけど、それで学校選抜で町の大会に出るほどに速かった」(46歳女性/東京都)、「他の泳ぎに比べて疲れにくく1番スピードが出やすいからです」(26歳女性/新潟県)など、速く泳げるからというコメントが目立ちました。

また、「呼吸も楽ですいすい泳げるからです」(24歳女性/兵庫県)、「長距離を早く楽におよげるところです」(66歳男性/滋賀県)、「唯一25メートル泳ぎきれる泳法だから」(37歳女性/沖縄県)など、息継ぎがしやすく楽に泳げるという人も。

中には、「小さいときにプールの監視員のお兄さんからクロールの手の回し方を教わってからフォームがきれいと言われるようになったので」(53歳女性/その他)など、練習をしてうまく泳げるようになった思い出がある人もいました。
 

第1位:平泳ぎ

1位は、「平泳ぎ」でした。

「一応、いちばんサマになっているフォームだから(と信じている)」(49歳女性/富山県)、「両手を広げて水を掻くのがとても楽しいので。足も広げられてカエルになったようで前に進める」(51歳女性/北海道)、「伸び縮みする感じがおもしろくて好きでした」(29歳女性/神奈川県)、「水泳が好きになったため、水泳に対するイメージが変わりました。平泳ぎは呼吸がしやすいこと、フォームがカエルのようで好きです」(37歳女性/新潟県)など、平泳ぎがきっかけで水泳が好きになった人も多くいました。

また、「楽だから。いくらでも疲れず泳ぎ続けられるから。また、海でシュノーケルを付けて素潜りをすることが多いですが、平泳ぎが一番海の中を見ながら、海の中を観察できるので」(51歳男性/広島県)、「ゆったりずっと泳げるから」(41歳女性/大阪府)、「息継ぎが楽で、いくらでも泳いでいられるから」(58歳女性/千葉県)、「一番疲れなくて、長時間泳げるから」(33歳男性/千葉県)、など、呼吸が楽でゆったり泳いでいられるからというコメントも。

ほかにも、「バタフライよりも静かに泳げるから。海に遊びに行った時も周りに迷惑が掛からないし、周りが良く見えて好きだった」(35歳女性/北海道)、「メークをしていても顔や髪が崩れず泳げるので。顔をつけないので鼻水なども出ずに済むので泳いだ後が楽です」(50歳女性/神奈川県)、「長くゆっくりマイペースで、耳に水が入らずに泳げるので好きです」(45歳女性/岩手県)など、顔を水につけずに泳げるから好きというコメントも集まりました。


>5位までのランキング結果を全て見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
【大人たちに聞いた】学校の水泳の授業は好き? 嫌い? 全国恒例「地獄のシャワー」も水泳嫌いの原因に!?
「ジェンダーレス水着」の知名度と印象は? 「今の時代はいいな」「そこまでする必要があるのか」など賛否
小学校のときに好きだった体育の種目ランキング! 「跳び箱」や「水泳」を抑えた1位は?【500人調査】
小学校のときに嫌いだった体育の種目ランキング! 3位は「マット運動」、TOP2は?【500人調査】
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    日本人には日常すぎて衝撃! 外国人が「最高に素晴らしい!」と称賛する日本のいいところ厳選3

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」