スマホ新料金プラン「ahamo」「povo」「LINEMO」実際に乗り換えた人は約6%、なぜ?

Soldiが実施した「大手携帯電話会社の新料金プランへの乗り換え事情」に関する調査によると、新料金プランに乗り換えたのは6%でした。乗り換えしない理由は?

「ahamo」「povo」「LINEMO」を知っている人で実際に乗り換えたのはわずが6.3%

エイチームライフデザインが運営する通信費・家計見直しサイト「Soldi(ソルディ)」は、20代以上の男女8119人を対象に大手通信キャリアの新料金プランに関する調査を実施。その結果、「ahamo」「povo」「LINEMO」を知っている人で実際に乗り換えたのはわずが6.3%だったことが判明しました。
 

新料金プランを知っている人で実際に乗り換えたのはわずか6.3%

「ahamo」「povo」「LINEMO」を知っている人の乗り換え有無
「ahamo」「povo」「LINEMO」を知っている人の乗り換え有無

「ahamo」「povo」「LINEMO」をすべて知っている、またはいずれかを知っていると回答した人に、乗り換え有無を聞いたところ、93.7%が「乗り換えていない」と回答。乗り換えた人は6.3%という結果に。
 

乗り換えた理由TOP3は「安さ」「シンプルさ」「キャリア」

新料金へ乗り換えた人に、「乗り換える前のプラン」を聞いたところ、最も多かったのは「ドコモ」(40.0%)、次いで「au」(26.7%)、3位「ソフトバンク」(13.8%)でした。
 
乗り換え前のキャリア
乗り換え前のキャリア

乗り換えた理由を複数回答式で聞いたところ、圧倒的に多かったのは「料金が安くなるから」(81.5%)。次いで、2位「料金体系がシンプルだから」(33.8%)、3位「使用していたキャリアのプランだから」(27.7%)と続いています。
 
乗り換えた理由は?
乗り換えた理由は?

「データ容量を選べる」や「無料通話が付いている」といった細かなサービス内容に対する回答率は10%前後と低く、「安さ」「シンプルさ」「同じキャリア」に回答が集中しています。
 

乗り換えた人を対象に、「乗り換え前後の携帯電話の月額料金」を調査したところ、乗り換え前は「4000円超」が54.9%、「4000円以下」が34.4%だったのに対し、「乗り換え後」は「4000円超」が23.6%、「4000円以下」が71.8%と大きく変化していることが分かりました。

乗り換え前後の月額料金の変化
乗り換え前後の月額料金の変化

「月額4000円以下」に抑えている人が2倍以上に増えています。
 

乗り換えに至らない理由は?

一方、乗り換えなかった人に複数回答式で理由を聞いたところ、最も多かったのは「今の契約に満足しているから」(40.0%)でした。

乗り換えなかった理由は?
乗り換えなかった理由は?

2位は「(新料金プランは)手続きやサポートがオンラインのみだから」と「キャリアメールが使えないから」(20.5%)となっており、サービスの提供内容についての項目にも回答が集まっていることが分かります。
 

4位の「セット割引が適用されないから」(17.9%)もサービス内容についての項目です。オンラインプランであることや、細かなサービス面が要因で乗り換えに至ってないケースも多いようです。


【おすすめ記事】
スマホ・携帯キャリアの満足度ランキング! 3位「UQ mobile」、2位「LINEMO」、1位は?
1番良いと思う「スマホ新料金プラン」ランキング! 2位「povo2.0」を抑えた圧倒的1位は?
「低価格スマホ料金プラン」利用者の約8割が「安くなって満足」と回答
スマホ「格安プラン」満足度ランキング! 2位「LINEMO」、1位は?
楽天モバイル「乗り換え希望」ユーザーが選ぶ人気の料金プラン3選! 「povo2.0」「mineo」、あと1つは?


【関連リンク】
プレスリリース

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」