カルディの「かけるミニトマト」が出汁の旨みで万能! 無限大の使い道を試してみた

トマト好きにはたまらない万能ソース「熊本県益城町産ミニトマト使用 かけるミニトマト」をカルディコーヒーファームで発見! 色々な食材と組み合わせてみました。

カルディコーヒーファームの「熊本県益城町産ミニトマト使用 かけるミニトマト」(画像は全て筆者撮影)

トマト好きにはたまらないソースがカルディコーヒーファーム(以下、カルディ)にありました。「熊本県益城町産ミニトマト使用 かけるミニトマト」(以下、かけるミニトマト)です。濃い目の味で、色々な食材と組み合わせることができますよ。

 

材料の約半分がミニトマトという贅沢

ミニトマトの皮や種が残っている

カルディの「かけるミニトマト」は材料の約半分が熊本県産のミニトマトという、とても贅沢なソースです。ミニトマトの皮や種が残っていることからも、大量に使われていることがわかります。
 

その他にカツオや鶏の出汁も使われているので、コクや旨みがしっかりとあります。濃いめの味付けになっているので、手軽で便利な調味料として使うこともできますし、そのまま水で薄めて野菜を加えればスープになります。
 

食材との相性も良いので、パパッと使いたいならば「かける」「つける」がおすすめ。どんな使い方があるのか試してみましょう。

 

ピーマン+かけるミニトマト

生のピーマンと「かけるミニトマト」

半分に切ったピーマンを氷水にさらした後で水を切ります。そうすると、パリパリになるだけではなく、ピーマン特有の苦みやえぐみが軽減されます。それを「かけるミニトマト」につけて食べてみました。「かけるミニトマト」はケチャップやトマトソースとは違い、出汁がきいた少し和風の味わいです。生のピーマンとの相性はとても良いと感じました。

「かけるミニトマト」がこぼれてしまうことがあるので要注意

「かけるミニトマト」はゆるめの液状なので、ピーマンの内側に入れるとこぼれてしまうことがあるので注意してください。

 

餃子+かけるミニトマト

餃子のタレとして使う

次は餃子のタレとして使ってみます。普段筆者は専用の餃子のタレや、酢醤油を使っているのですが、「かけるミニトマト」につけてみると、ちょっぴりフルーティな味わいに。

味変にもおすすめ

定番のタレと一緒に食べるなど、味変に使うのもおすすめです。

 

納豆+かけるミニトマト

「かけるミニトマト」をかけた納豆ご飯​​​​​​

納豆と「かけるミニトマト」の組み合わせです。「かけるミニトマト」をかける場合、筆者は納豆のタレを使いません。でも、もし塩気が足りないと感じたら、お好みで納豆のタレを加えてください。もともと納豆とトマトの相性は良いので、「かけるミニトマト」のトマトの酸味、そして出汁が納豆とよく合いますよ。味のりで巻くのもおすすめ。

 

パン+かけるミニトマト

サラダの方に「かけるミニトマト」をかける

サラダとパンの朝食の時に、まずはサラダの方にドレッシングとして使ってみました。その時、「かけるミニトマト」がパンにまで染み込んでしまったのですが、なんとそのまま食べてみたら、びっくりするくらい美味しいのです。

パンとの相性も抜群に良い!

トマトスープにパンを浸して食べるような感覚ですね。さっぱりとした味わい、そしてパンが水分を含んで若干柔らかくなり食べやすいと感じました。


カルディの「熊本県益城町産ミニトマト使用 かけるミニトマト」は300mlで429円(税込)です。1本あるとドレッシングやソース、そしてスープの素としても使えます。ミニトマトの甘みと酸味を感じられますから、ミニトマト好きさんには特におすすめですよ。
 

【おすすめ記事】
カルディで買うべき缶詰はコレ! SNSで人気「ハリッさば」などコスパ無視でも食べたい4つ
カルディの「香草チーズパン粉」は常備したい調味料! まぶして焼くだけでプロの味
カルディの「キムチ冷麺」と「レモン冷麺」は夏に常備しておきたい絶品の冷やし麺
カルディの「もっちりミニトマト」はまるで水羊羹のような弾力! 「トマトのスイーツもあり」と思わせるおいしさ
カルディの「モカキリマンジャロ コーヒーゼリー」が2022年も発売! ボリュームたっぷりで「ほろ苦感」がたまらない
 

【関連リンク】
熊本県益城町産ミニトマト使用 かけるミニトマト│カルディ
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」