ワークマンの1500円「スリッポン」は驚くほどの軽さと履き心地! 釣りをする時にも活躍

ワークマンの「ライトスリッポン」は普段使いはもちろん、釣りをする時にも活躍します。

ワークマンの「FieldCore LIGHTスリッポン」(画像は全て筆者撮影)

機能性が高い商品を扱う「ワークマン」で、1500円のシューズ「FieldCore LIGHTスリッポン」(以下、ライトスリッポン)を発見しました。驚くほどの軽さと履きやすさで普段使いはもちろん、筆者の家族は釣りをする時にも重宝しています。数日使って分かったライトスリッポンの特徴を紹介していきます。
 

ワークマンのライトスリッポンの特徴1:とにかく軽い

ワークマンのライトスリッポン、片足の重さは149g(LLサイズ)

ワークマンのライトスリッポンは、その名の通り「軽い」です。LLサイズを測ってみると片足が149gでした。足を入れると思わず「軽っ!」と言ってしまうほどです。これだけ軽いと作りは大丈夫?と心配になるのですが、筆者の家族は今まで20回程度使用してつま先がパカっと開いてしまったり、靴底が取れてしまったりすることはありません。
 

ワークマンのライトスリッポンの特徴2:かかとを倒しやすい

踵の部分全体が倒れる

ライトスリッポンは脱いだり履いたりがしやすいように、かかとが倒しやすくなっています。「倒す」と書いたのは、かかと部分を内側に折るようにして倒すからです。かかとを上から潰すのではなくて、パタリと倒すので形が崩れてしまうこともありません。
 

一度倒しておくと、自然に起き上がってくることもありません。脱いだり履いたりが多い場面でも、何度も直す必要がないので楽ですね。筆者の家では夫用に買ったライトスリッポンですが、筆者はゴミ出しの時に使っています。さっと履きたい時にとても便利なんですよね。
 

ワークマンのライトスリッポンの特徴3:何と言っても安い!

ワークマンのライトスリッポンは税込1500円!

もともとワークマンは、お手頃価格の商品が多いことで有名ですが、ライトスリッポンも1500円と手が出しやすい価格です。話題になっているし、試しに使ってみようかと興味本位で買う人も少なくないと思います。夫も「試しに使ってみよう」というノリで買いました。お試しができる価格帯は、ワークマンの強みでもあります。
 

ワークマンのライトスリッポンの特徴4:びっくりするくらい濡れない

ワークマンのライトスリッポンは、水をしっかりとはじく

アウトドアや水辺でも使えるように、撥水加工がされているのがライトスリッポンの特徴の1つです。実際に水をかけてみると、びっくりするくらい水をはじきます。水が玉になってライトスリッポンの上をこぼれ落ちていくのです。中は全く濡れていませんから、雨が降っている時でも活躍します。

水をはじくので釣りでも安心

ライトスリッポンの持ち主である夫は、釣りに行く際に使用しています。海や川に入ることはないのですが、多少水がかかっても平気だと言っていました。
 

本記事で紹介したライトスリッポンの色はネイビーです。他にブラックとベージュがあります。サイズはSS、S、M、L、LL、3Lがあるので、女性でも使えます。軽くて履きやすいですから、日常的に使いたくなってしまいますね。


【おすすめ記事】
ワークマンの「2WAYバッグ」は想像以上の大容量! 大量買いをする業務スーパーでも大活躍
ワークマンの「真空保冷ペットボトルホルダー」を使ってみた。使い勝手や保冷の実力は?
ワークマンの「防水デイバッグ」は普段使いにもおすすめ! お値段以上に高機能
ワークマンの人気「撥水ライトプリーツスカート」に新色ブルーグレーが登場! 
ワークマンの「ガーデニングサロペットスカート」は普段使いもできておしゃれ!


【関連リンク】
ワークマン

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」