ファンが選んだ『ONE PIECE』で好きなシリーズランキング! すべての始まり「東の海編」を抑えた1位は?

7月22日は、『ONE PIECE』の日。25周年を迎える記念日にちなんで、All About編集部では『ONE PIECE』に関する独自調査を実施しました。今回は、ファンが選んだ『ONE PIECE』で好きなシリーズランキングを発表します!(画像出典:Amazon)

1997年から『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載中の『ONE PIECE』。20周年を迎えた2017年に、連載が開始された7月22日を「ONE PIECEの日」として日本記念日協会により制定されました。

All About編集部では、7月22日の『ONE PIECE』の日にちなんで、独自調査を実施。同調査は、全国の10〜50代の男女214人を対象にインターネット上で実施しました(調査期間:2022年7月11〜20日)。今回は、ファンが選んだ『ONE PIECE』で好きなシリーズランキングを発表します!
 

第3位:頂上戦争編(50~61巻)

(画像出典:Amazon

「死ぬほど泣きました。ルフィが1人になったけど、またどんどん人を惹きつけて、エースの元へ辿り着けたのは感動しました。何度でも見たい(23歳女性)」「ワンピースは頂上決戦なしでは何も語ることができないほど様々な場面と感情が詰まった場面だから(18歳女性)」「熱い兄弟愛が見られるシーンで何度見ても泣けるため(20歳男性)」など、“泣ける”シリーズとして挙げる人も多かった「頂上戦争編」が3位。

回答者からは、「エースを助けようとするルフィーの一途な姿勢がカッコ良かった(55歳男性)」「エースのシーンは心が締め付けられた(37歳女性)」「エース救出時に、海軍vs海賊の戦いはとてもカッコよかった(27歳女性)」「エースを守るためにみんなが動いたから(38歳男性)」など、ルフィの義兄で白ひげ海賊団の2番隊隊長、火拳のエース(ポートガス・D・エース)についてのコメントが相次ぎました。

ほかにも、「過去に戦ったことのある敵キャラが同じ目的をもって共闘するところ。Mr.2のシーンは名シーンだと思う(21歳男性)」「頂上戦争のメンバーの豪華さに心踊った(30歳男性)」「シャンクスが出てきたから(26歳女性)」「急に敵が強くなり、絶望感が半端なかった(48歳男性)」など、マリンフォード頂上戦争は、史上最も泣ける戦いとして心に残っている人も多いようです。
 

第2位:東の海編(1~12巻)

(画像出典:Amazon

「物語の展開を想像するだけでわくわくする(30歳男性)」「これから始まる冒険に心がワクワクしたから(40歳男性)」など、当初から『ONE PIECE』を読んでいた人は、単行本100巻を超える大冒険になることを予想できたでしょうか。すべての始まりの「東の海編」が2位でした。

回答者からは、「どの回も大好きですが、やはり初期メンバーが揃うまでが一番、感動し何度も泣いた覚えがあり、思い出深い作品だからこちらを選びました(32歳女性)」「ゾロ・ナミ・ウソップ・サンジの仲間になる時の名シーンがたまらない。特にサンジのゼフに感謝を伝えるところがとても好き(22歳女性)」「どうやって仲間になっていくのか、それぞれの物語が一番好きです。中でもナミとチョッパーが泣けました(25歳女性)」など、初期主要メンバーがそろっていく過程や、それぞれの個性が際立つストーリーが好き、というコメントが目立ちました。

ほかにも、「諦めない気持ちを学べる(39歳男性)」「絶対に敵わないと思われたアーロンとの戦いはハラハラし、倒すことでナミを仲間として迎え入れられた展開に惹き込まれた作品です(39歳女性)」「最初、ゴムゴムの実を食べるシーンが好きです。ゴムゴムの実を食べるだけで強くなれるのはいいですね(31歳男性)」などのコメントが寄せられました。
 

第1位:アラバスタ編(12~23巻)    

(画像出典:Amazon

「チョッパー、ネフェルタリ・ビビ等の重要かつ個性的なキャラの登場とそれまで戦ってきた相手が個人、海賊から国、政治へとスケールアップして一番楽しくなってきたと感じているため(37歳男性)」「麦わらの海賊団が世界に知れ渡るようになった最初の出来事だからです。コードネームが割り振られた悪役たちも魅力的なキャラが多く読んでいてたのしかったです(30歳女性)」とのコメントが集まった、「アラバスタ編」が1位を獲得しました。

さらに、「ビビの物語を通して人間としての成長を感じることが出来て、一緒に人間として強くなっているような気になれるところも好きです(21歳女性)」「『思想』『戦争』『身分』『差別』など考えさせられるテーマが多く散りばめられていたことで特にストーリーに厚みがあったように感じる。またラストのビビとの無言の別れのシーンは涙なしでは読めなかった(34歳女性)」など、「東の海編」を経て、ストーリーが深く壮大になったシリーズだと感じている人が多い様子。

また、「アラバスタ編はビビとの絡みも好きですし、何よりもクロコダイルさんが活躍します。悪い方ですが。ワンピースを見る中で一番最初にルフィーの器の大きさを感じた気がするのでこの物語が一番好きです(23歳女性)」「バツ印を書いた腕を掲げるラストシーンが号泣ものだから(39歳女性)」「感動するシーンが多く、特に仲間の印で腕を掲げる姿はよく写真でも真似しました(32歳女性)」など、みんなが腕に描いたバツ印を掲げるシーンは、名シーンの1つとして心に残っている人も多いようです。


>9位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
『ONE PIECE』のモンキー・D・ルフィを演じてほしい芸能人! 2位の山崎賢人を抑えた1位は?
『ONE PIECE』のロロノア・ゾロを演じてほしい芸能人! 2位の市原隼人を抑えた1位は?
『ONE PIECE』のナミを演じてほしい芸能人! 2位の長澤まさみを抑えた1位は?
『ONE PIECE』のサンジを演じてほしい芸能人! 2位の横浜流星を抑えた1位は?
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」