『テッパチ!』第2話 町田啓太×佐藤寛太の熱きバトル&和解に感動の声「アツくて最高」「余韻が残る名シーン」

7月13日に放送されたドラマ『テッパチ!』(フジテレビ系)第2話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『テッパチ!』公式サイト)。

町田啓太さん主演で陸上自衛隊の候補生たちの熱き青春を描くドラマ『テッパチ!』(フジテレビ系)。7月13日に放送された第2話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

テッパチ!
画像出典:フジテレビ『テッパチ!』公式サイト

 

第2話のおさらい

陸上自衛隊の候補生になった国生宙(町田啓太)は、同じ第一班の荒井竜次(佐藤寛太)と乱闘騒ぎを起こし、教官の桜間冬美2尉(白石麻衣)から「輪を乱す人間はここには必要ない」と叱責され自衛隊を辞めようとします。そんな宙を、教育隊中隊長・八女純一(北村一輝)は「そうやって逃げ続けて生きていくのか」と挑発。荒井と決着をつけたいなら、来週行われる体力検定の場で勝負しろと告げました。
 

引くに引けなくなった宙が、バディの馬場良成(佐野勇斗)に立会人を頼み荒井に勝負を申し込むと、荒井はただ勝負するだけではつまらないと言い、「負けた方がここを辞める」という条件を出します。以来、何かと張り合うようになる2人。そんな姿を見ていた第一班の丸山栄一(時任勇気)、渡辺淳史(坂口涼太郎)、小倉靖男(池田永吉)、西健太(藤岡真威人)は、どちらが勝つか賭けようと言いだします。真相を知る馬場は心配そうに見守ります。
 

2人の勝負を知った桜間は、宙に「勝負に勝つということはここに残るということ。訓練を続けたいの?」と問います。宙は「勝っても辞めてやるよ」と宣言。そんな宙に八女は、馬場たちは皆、何かを抱えてここに来ていると話します。宙の周りにいるメンバーたちは皆、他に行くところがなく、切羽詰まったところで八女に声を掛けられていたのです。「お互いをつぶし合うなよ。支え合ってくれ」――八女は言い残して立ち去ります。
 

そして体力検定の当日。一進一退の攻防を繰り広げる宙と荒井でしたが、3000m走のゴール直前に転んでしまった宙が敗北。宿舎で1人思いを馳せる宙に、馬場は「辞めたりすんな」と声をかけます。宙が喫煙所で煙草を吸っていると、荒井がやって来ました。荒井は大企業社長の家で育ったものの愛人の子であり疎まれる存在で、ここにしか居場所がないと語ります。「お前も似たようなもんだろ」と言われ、宙は自分を切り離して他に家族を作った母を思い出しました。宙から煙草を奪い、「これでチャラにしてやる」と荒井。
 

早朝、何かを振り切るように宙がジョギングをしていると、曲がり角で向こうから走ってきた桜間と衝突してしまいます。桜間は「悔しいなら一人前になってよ。仲間と家族のようになれたら、一人前の自衛官になれるかもよ」と告げます。宙は「一人前の自衛官になってやる!」と辞めない宣言と覚悟を持つのでした。

 

テッパチ!
画像出典:フジテレビ『テッパチ!』公式サイト

 

宙と荒井が腹を割って話すシーンに感動の声

第2話のラストでは、八女が自身の目論見のために宙たちを利用していることや、第一班の仲間・武藤一哉(一ノ瀬颯)が父親を刺殺して少年刑務所あがりだという噂をメンバーたちが耳にするシーンも。
 

Twitterでは「タバコでチャラにする荒井、ええヤツやな。チュウ君の変化を感じる表情もたまらん。余韻が残る名シーン」「居場所、家族、仲間がキーワードの群像劇。アツくて最高」「宙と荒井が話すシーンとてもよかったんだけど、二人が心を割って話せる場所が喫煙所しかないのかー…とはちょっと思ってしまったかなぁ」「体力検定やジムのシーンがすごい。居場所がない人達の孤独が切なくて、今後描かれるであろう訓練生達の心が繋がっていく展開が楽しみになった」「みんなの背景も見えてきて物語に入り込める」「一人ひとりに愛着が湧きそう」など、宙と魅力的な仲間たちが“家族”になっていく展開に期待の声が上がっています。
 

7月20日放送の第3話では、武藤にスポットが当たります。普段から無口で何を考えているのか分からない武藤と、宙や馬場たちがどのように距離を縮め、絆を深めていくのか期待です。
 

『テッパチ!』第3話 7月20日放送予告



【おすすめ記事】
『テッパチ!』第1話 若手俳優陣の肉体美に注目も「シャワーシーン長すぎ」の声
「期待している夏ドラマ」ランキング! 3位『パパとムスメの7日間』、2位『オールドルーキー』、1位は?
「主演俳優に期待している夏ドラマ」ランキング! 3位『六本木クラス』、2位『石子と羽男』、1位は?
『競争の番人』第1話 「公取委」が舞台の異色ドラマ好発進! NHK大河『鎌倉殿』『真田丸』を思い出す声も
町田啓太出演ドラマ人気ランキング! 2位『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』を抑えた1位は?

 

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在