栃木県の住みここち(自治体)ランキング! 2位「宇都宮市」、1位は?

大東建託は居住満足度調査を行い、「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2022<栃木県版>」を発表しました。栃木県に住む20歳以上の男女8080人を対象に調査を行った結果、「住みここち(自治体)ランキング」1位に選ばれたのは?

大東建託は居住満足度調査を行い、「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2022<栃木県版>」を発表しました。

栃木県に住む20歳以上の男女8080人を対象に調査を行った結果、「住みここち(自治体)ランキング」1位は2020年も1位に選ばれた「下都賀郡壬生町(しもつがぐんみぶまち)」。2位は「宇都宮市」、3位は「下野市(しもつけし)」が選ばれました。

このランキングは、栃木県の居住者を対象に、2019~2022年の回答者数50人以上の自治体をランキング対象として集計しています。

 

宇都宮駅西口前の大通りの風景

 

3位は便利なコンパクトシティ「下野市」

県の中南部に位置する「下野市」。県内の市で最小の面積でありながら、JR3駅と国道4号、新4号国道、北関東自動車道などの交通網に恵まれています。また、自治医科大学付属病院を中心に地域医療が充実している点も魅力の1つ。郊外には、のどかな景色が広がります。

 

2位は都会と田舎のバランスがちょうど良い「宇都宮市」

県庁所在地で、中核市に指定されている「宇都宮市」。東北新幹線やJR宇都宮線、関東バスなどが通っており交通利便性が高いエリアです。また、宇都宮駅を中心に県庁や市役所、スーパーやコンビニなどの商業施設が集積。少し郊外へ行けば、自然を満喫できます。

 

1位は宇都宮市のベッドタウンとしても人気の「下都賀郡壬生町」

県央南部に位置する「下都賀郡壬生町」。県内で最も人口が多く、古くは日光西街道の宿場町、壬生藩の城下町として栄えた街です。居住者のコメントを見ると、「病院や介護施設などが多く子どもの医療費が無料だったり、児童館や福祉センターなどの行事に地域として楽しめ、高速や駅も近く通勤や遠出にも便利」と、行政サービスの充実や交通利便性の高さなどが高評価につながっているようです。


>5位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
栃木県民が選ぶ「住み続けたい街」ランキング! 3位「さくら市」、2位「河内郡上三川町」、1位は?
栃木県で「人気の駅」ランキング! 3位「東武宇都宮駅」、2位「小山駅」、1位は?
栃木県の「街の幸福度」ランキング! 3位「下野市」、2位「さくら市」、1位は?
栃木県の住みたい街ランキング! 1位「宇都宮市」、2位「小山市」、3位は昨年6位の…?

【関連リンク】
プレスリリース
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」