大東建託は過去最大級の居住満足度調査を行い、「いい部屋ネット 街の幸福度(自治体)ランキング2021<栃木県版>」を発表しました。
 

栃木県に住む20歳以上の男女6008人を対象として調査を行った結果、「街の幸福度(自治体)ランキング」1位は「大田原市」。2位は「さくら市」、3位には「下野市(しもつけし)」が選ばれました。
 

栃木県大田原市の「御亭山」から見た風景

 

3位は利便性が良いコンパクトシティ「下野市」

「下野市」は、県内最小面積でありながら自治医科大学付属病院を中心に地域医療が充実、教育機関や公共施設も整う地域。市内にはJRの駅が3駅あるほか、国道4号や新4号国道、北関東自動車道などもあるため各方面にアクセスしやすいです。
 

2位は宇都宮のベッドタウン「さくら市」

宇都宮市に隣接する「さくら市」。電車を利用すればJRの氏家駅から宇都宮駅までは約20分で、通勤・通学や買い物にも便利です。また、都心までは電車で約1時間半、車でも2時間以内でアクセス可能な点も魅力の1つ。市内には、市の名前の由来となった「桜」の名所が数多くあります。
 

1位は都市機能と自然のバランスが良い「大田原市」

「大田原市」は、車でのアクセスが便利な地域。国道400号や461号などの主要幹線道路が東西南北に延びるほか、大田原市営バスや関東バスが市内を縦断します。市の中心部にはさまざまな商業施設が充実。周辺部には県内有数の米の産出高を誇る田園風景が広がります。
 

「街の幸福度ランキング」は、2019~2021年の回答者数50人以上の自治体を対象として集計。幸福度の評点は、非常に幸福だと思う場合を10点、非常に不幸だと思う場合を1点とする10段階の回答平均を100点満点にするために10倍したものです。


>10位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
栃木県の住みここちランキング! 3位「下野市」、1位は「宇都宮市」と「大田原市」のどちらに!?
北関東の「住み続けたい街」ランキング! 3位「栃木県佐野市」、2位「茨城県守谷市」、1位は?
栃木県の住みたい街ランキング! 1位「宇都宮市」、2位「小山市」、3位は昨年6位の…?
北関東の「街の幸福度」ランキング! 3位「茨城県つくば市」、2位「栃木県大田原市」、1位は?


【関連リンク】
プレスリリース