大東建託は居住満足度調査を行い、「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2022<山梨県版>」を発表しました。

山梨県に住む20歳以上の男女3372人を対象に調査を行った結果、「住みここち(自治体)ランキング」1位は3年連続で「中巨摩郡昭和町(なかこまぐんしょうわちょう)」。2位は2年連続で「甲斐市」、3位も2年連続で「南都留郡富士河口湖町(みなみつるぐんふじかわぐちこまち)」が選ばれました。

このランキングは、山梨県の居住者を対象に、2019~2022年の回答者数50人以上の自治体をランキング対象として集計しています。
 
甲斐市方面を望む夜景
 

 3位は富士山と湖の景色が魅力の「南都留郡富士河口湖町」

「南都留郡富士河口湖町」は、河口湖、西湖、精進湖、本栖湖を有する自然豊かな地域です。一方で、電車や車を利用すれば新宿へは約1時間30分でアクセス可能。休日には、キャンプやハイキングを楽しむ観光客の姿が多く見られます。また、町内には大型スーパーやショッピングセンターもあるため日常の買い物にも困りません。

 

2位は交通や生活の利便性が良い「甲斐市」

甲府市に次ぎ県内で人口第2位の「甲斐市」。市内には中央自動車道と中部横断自動車道が走り、双葉スマートICも整備されています。また、JR竜王駅からは空港線のバスも運行されていて、都心へのアクセスが良い点も魅力の1つ。市街地エリアには、大型商業施設やスーパー、専門性の高いクリニックなど生活に必要な施設が充実しています。

 

1位は3年連続! 安定の人気を誇る「中巨摩郡昭和町」

「中巨摩郡昭和町」は、甲府盆地の中央部に位置しています。町内には、中央自動車道の甲府昭和ICがあるほか、180店舗以上入ったイオンモールなど買い物施設も充実。居住者コメントでは「子育てについての行政のバックアップが手厚い。保育園なども近く、公園や児童館、小児科が充実している。スーパーや直売所、食生活はしやすい」と、若い子育て世帯から支持されていることがうかがえます。


>5位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
山梨県の住みここちランキング! 3位「富士河口湖町」、2位「甲斐市」、1位は2年連続の…
山梨県の住みたい街ランキング! 3位「北杜市」、2位「昭和町」、1位は今年も…!?
「街の住みここち」ランキングふるさと版! 2位「山梨県中巨摩郡昭和町」、1位は?
「移住したい都道府県」ランキング! 3位「山梨県」、2位「福岡県」、1位は?

【関連リンク】
プレスリリース