PayPayポイントを稼ぐチャンス! 「夏のPayPay祭」が7月1日から開催決定!

7月1日から「夏のPayPay祭」がスタート。PayPayポイントをゲットするチャンス到来ですね!

「夏のPayPay祭」の開催が決定!(出典:プレスリリース)

ポイ活をしている人に朗報です! PayPay、ヤフー、ソフトバンクが7月1日から8月31日まで「夏のPayPay祭」を開催します。PayPayポイントをゲットするチャンス到来ですね! 「夏のPayPay祭」では、具体的にどんなキャンペーンが行われるのでしょうか。
 

「夏のPayPay祭 PayPayクーポン」

7月1日から8月31日までは、いつも以上に「PayPayクーポン」が配布されます。対象店舗はebookjapan、PayPayグルメ、Stagecrowd、SUZURI byGMOペパボ、ヴィクトリア、古本市場など。対象金額や最大付与額などの条件はクーポンによって異なり、アプリ内の各クーポンで確認ができます。付与予定は、対象の支払い翌日から起算して30日後です。
 

「日本全国全額チャンス!夏のペイペイジャンボ(2022年)」

7月1日から8月31日までのキャンペーン期間中、オンライン加盟店を含む対象店舗のでPayPayで支払うと、1等当選者には最大で決済金額の全額(100%)、2等当選者には最大で決済金額の5%、3等当選者には最大で決済金額の0.5%のPayPayポイントが付与されます。
 

なお、店舗とオンラインストアでは対象となる支払い方法に違いがありますのでご注意を。

■店舗の場合
店舗の場合はPayPayあと払い、PayPay残高、PayPayカード(旧Yahoo! JAPANカードを含む)、PayPayあと払い(一括のみ)が対象となり、その他のクレジットカードは対象外となります。
 

■オンラインストアの場合
オンラインストアの場合はPayPayあと払い、PayPay残高が対象、PayPayカード(旧Yahoo! JAPANカードを含む)、PayPayあと払い(一括のみ)、その他のクレジットカードが対象外となります。
 

さらに「PayPayあと払い」および「PayPayあと払い(一括のみ)」で決済をしたユーザーが抽選で外れた場合は、ダブルチャンスでもう一度抽選が行われます。
 

1回当たりの付与上限は10万ポイント、実施期間中の付与合計上限は10万ポイント。PayPayポイントは対象の支払い翌日から起算して30日後に付与される予定です。
 

PayPayモール、Yahoo!ショッピングのキャンペーン

「PayPayモール」や「Yahoo!ショッピング」で行われるキャンペーンもあります。通常よりもPayPayポイントがお得に付与されますよ。実施期間は7月1日から18日までですが、7月1日から15日の間に「倍!倍!ストア」にエントリーして対象ストアで買い物をすると、7月16日から18日の3日間(最終日は7月19日午前1時59分まで)にどのストアで買っても利用額の2%のPayPayポイントが付与されます。
 

また「ラスト3日間は誰でも+2%」のキャンペーンもあります。これらのキャンペーンを駆使すると、最大30.5%のPayPayポイントが付与されます。
 

キャンペーンの詳細は、7月1日に発表予定です。PayPayモール、Yahoo!ショッピングのほか、Yahoo!ズバトク、Yahoo!プレミアム、ヤフオク!、PayPayフリマ、Yahoo!マート by ASKUL、ebookjapanなどもキャンペーンに参加する予定となっています。
 

PayPayはこれまでも多くのキャンペーンを行ってきました。その度にお得な買い物ができた人も多いことでしょう。7月1日から始まる「夏のPayPay祭」も見逃せません。繰り返しになりますが、詳細は7月1日に発表される予定です。それを確認してからお買い物をすると、PayPayポイントの取り逃がしを防げそうですね。


【おすすめ記事】
ダイソーの支払いにメルペイを使うと最大200ポイント還元! 還元率や条件は?
PayPayフリマで初出品をするなら今! 送料最大1800円が実質0円&販売手数料無料でお得すぎ
「PayPayあと払い」がスタート! PayPayボーナスが最大2.5%上乗せのお得なキャンペーンも実施
「PayPay」がAmazonで利用可能に! 「ポイント二重取り」も可能
ヤフオク!とPayPayフリマで「置き配」スタート! 使い方や注意点は?


【関連リンク】
夏のPayPay祭
プレスリリース

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」