「PayPay」がAmazonで利用可能に! 「ポイント二重取り」も可能

Amazonの決済方法として、キャッシュレス決済サービス「PayPay(ペイペイ)」が利用可能になりました。PayPayへの「現金チャージ残高」からAmazonの支払いを行うことができるようになるほか、「PayPayポイント」と「Amazonポイント」両方を獲得できます。

AmazonでPayPayが利用可能に!


PayPayは5月10日、総合オンラインストア「Amazon」の決済方法として、同社のキャッシュレス決済サービス「PayPay(ペイペイ)」が利用可能になったことを発表しました。
 

PayPayを利用することで、クレジットカードを持っていなくても、PayPayの「現金チャージ残高」からAmazonの支払いができるようになります。ほかにも「PayPayポイント」と「Amazonポイント」の両方を獲得できるといったメリットも。
 

利用にはPayPay側での本人確認と現金チャージが必要

AmazonでPayPay決済を利用するには、PayPay側であらかじめ本人確認(eKYC)を完了しておく必要があります。本人確認はマイナンバーカードや運転免許証といった公的証明書を使って行うものです。
 
Amazonで利用するには「残高チャージ」が必要
Amazonで利用するには「残高チャージ」が必要


PayPay決済時に「PayPayあと払い」や「ソフトバンクまとめて支払い」などを利用している人や、クレジットカードを通して決済している人はAmazonの決済方法で利用できないとのこと。
 

登録済みの銀行口座やコンビニATM、ヤフオクの売上金残高といった「チャージ残高」からのみ利用できるようです。
 

Amazon側での設定は、「アカウントサービス」から「お客様のお支払い方法」を選択し「PayPayアカウントを追加」を選びます。
 

Amazonで設定するためにはPayPayアプリで「本人確認」が必要
Amazonで設定するためにはPayPayアプリで「本人確認」が必要


PayPay側での本人確認が完了していれば、問題なく連携が完了します。各種アプリやWebストアで設定メニューが若干異なる場合があるので、確認しながら行うようにしましょう。
 

日常でPayPayとAmazonを積極的に使っている人にとっては、うれしいアップデートではないでしょうか。支払い元を一元化できる点やポイントをダブルで得られる点、クレジットカード不要で買い物できる点などは魅力的です。ぜひ、検討してみてください。



【おすすめ記事】
Zoomが無料会議を「40分」制限に、有料プランの割引キャンペーンは5月15日まで
利用率が高い「QRコード決済」ランキング! 3位「d払い」、2位「楽天ペイ」、1位は?
「キリ番を踏む」「半年ロムってろ」 Z世代には通じない? 懐かしの「インターネット用語」
メルカリで買った商品の梱包が雑すぎてガッカリ……どのレベルまでなら許される?
「iOS 15.4」はiPhoneの「Face IDマスク対応」だけじゃない! 気になる新機能をチェック


【関連リンク】
プレスリリース

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない