Appleが3月15日にリリースした「iOS 15.4」では、「iPhone 12」以降の「Face ID」対応端末に限り、マスク装着時でもFace IDでの顔認証機能が使えるようになりました。また、話題の大きなFace IDの影に隠れてしまっているものの、そのほかにも多数のアップデートが施されています。
 

本稿では、iOS 15.4でどのような機能が追加・改良されているのか、改めてチェックしてみます。
 

iOS 15.4で追加された新機能一覧

iOS 15.4では、Face IDのマスク対応を含めて、大小さまざまな新機能が追加されました。アップデート操作時に「設定」アプリ内から確認できた主な新機能は、下記の通り。ほかにもバグ修正やセキュリティコンテンツのアップデートもありますが、ここでは割愛します。

 
設定アプリ内、iOS 15.4へのアップデート画面
設定アプリ内、iOS 15.4へのアップデート画面


Face ID
・iPhone 12以降で、マスクを着用したままFace IDを使用できるオプション
・Apple Pay、およびSafariとApp内のパスワード自動入力で、マスクを着用したままFace IDを使用可能


絵文字
・絵文字キーボードで、顔の表情、手のジェスチャー、調度品などの新しい絵文字を使用可能
・握手の絵文字で、それぞれの手に別々のスキントーンを選択可能


FaceTime
・SharePlayのセッションを対応Appから直接開始可能


Siri
・iPhone XS、iPhone XR、iPhone 11以降では、オフラインの間もSiriが日付と時刻の情報を応答可能


ワクチン接種カード
・“ヘルスケア”がEUデジタルCOVID証明書に対応し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチン接種、検査結果、および回復状況の検証可能な記録をダウンロードして保存可能
・Appleウォレットの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチン接種カードがEUデジタルCOVID証明書の書式に対応


その他機能向上
・SafariのWebページ翻訳機能がイタリア語と中国語(繁体字)に対応
・Podcast Appにエピソードフォルダが追加され、シーズンや再生済み、未再生、保存済み、またはダウンロード済みのエピソードを絞り込み可能
・iCloudのカスタムメールドメインを“設定”から管理可能
・“ショートカット”が“リマインダー”とのタグの追加/削除/検索に対応
・“緊急SOS”の設定をすべてのユーザを対象に“長押しして通報”を使用するように変更。“5回押して通報は“SOS”設定のオプションとして今後も利用可能
・“拡大鏡”のクローズアップ機能で、iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxの超広角カメラを使用して小さなものを見やすくすることが可能
・“設定”で保存済みのパスワードに自分用のメモを追加可能

 

Face IDでマスクを使う際の設定方法について

では、大きく取り上げられていたアップデートについて、概要を確認していきましょう。
 

まず、ユーザーがマスク装着時にもFace IDを使うには、iOS 15.4にアップデートした「iPhone 12」以降のFace ID対応端末を使用する必要があります。例えば、「iPhone 11」ではiOS 15.4にアップデートしても同機能は利用できません。
 

具体的な設定手順としては、「設定」アプリにある「Face IDとパスコード」の欄をタップし、通常通りFace IDの設定操作を進めていきましょう。
 

登録手順を進めると「マスク着用時にFace IDを使用する」という画面が表示されるので、「マスク着用時にFace IDを使用する」をタップして、再度顔を登録すればOK。この際、マスクを着用する必要はありません。
 

Face IDの設定画面
Face IDの設定手順内で表示される「マスク着用時にFace IDを設定する」を選択しよう(左)。「マスク着用時Face ID」のボタンがオンになっていればOKだ(右)


以降、「マスク着用時Face ID」というスイッチがオンになっていれば、マスクを着用したままFace IDを使えるようになります。なお、眼鏡を使う人の場合には、さらに「メガネを追加」という欄からサングラス以外の眼鏡を装着した状態で、顔の登録しておきましょう。
 

なお、同機能では画面ロック解除だけでなく、Apple Payやパスワードの自動入力などの認証にも使えるようになっていることが重要。この点において、従来からある“Apple Watchと連携させてロック画面解除をパスする機能”よりも、実用的なものに仕上がっています。
 

握手の絵文字でスキントーンを選ぶには

次に、絵文字について。絵文字でスキントーンを選択するには、長押しをすればOKです。握手している絵文字に対して長押しをすることで、スキントーンの選択肢が表示されます。1度目のタップで左側の手が、2度目のタップで右側の手の色を設定できます。

 
「メッセージ」アプリで握手の絵文字のスキントーンを変更
「握手」の絵文字を長押し(左)。スキントーンの選択肢が表示されるので、順にタップしよう(右)

 

SharePlayの開始方法が簡単になった

「SharePlay」は、iOS 15.1からサポートされていた機能。同機能を利用することで、FaceTimeのビデオ通話利用時に、動画コンテンツなどをユーザー同士でリアルタイムに楽しめます。
 

iOS 15.4では、対応アプリ内の共有メニューにてSharePlayを開始するメニューが表示されるようになりました。例えば「TV」アプリなら、共有メニュー内に「SharePlay」ボタンが確認でき、これをタップすると、共有相手を招待する画面が表示されます。
 

共有メニューからSharePlayを選択
TVアプリ内のコンテンツサムネイルを長押しし、「共有…」をタップ(左)。「SharePlay」をタップ(右)

 

オフラインでもSiriが時間を教えてくれる

最後に、音声アシスタント機能の「Siri」について。前提としてSiriでは、一部の機能においてネットワーク接続がないと利用できないものがあります。例えば、機内モードをオンにし、かつWi-Fi接続をオフにした状態では、「今日の天気」を尋ねても「それには、機内モードをオフにしていただく必要があります。」のように表示されてしまいます。
 

しかしiOS 15.4では、「日時・時刻」に限り、オフライン状態でもSiriが答えを表示してくれるようになりました。なお、対応端末は、iPhone XS、iPhone XR、iPhone 11以降に限られます。
 

オフラインでのSiriの挙動例


その他の機能改良については、ぜひおのおの試してみてください。



【おすすめ記事】
マスクをしたままiPhoneのFace ID認証を使う方法! メガネをしている場合はどうする?
iPhoneの中身を大掃除する裏技! 新年度に備えて不要なファイルは消しておこう
「iPhone SE(第3世代)」の残念なポイントは? 第2世代やiPhone 13と比較してみた
「LINE Lite」が2月28日に終了、どうする? 困惑する複数台持ちユーザーも
荷物をスマホ操作で簡単に送れる! 宅配便ロッカー「PUDO(プドー)」とは?