カンロの「あの日夢見た雲グミ」(画像は全て筆者撮影)

2021年に限定販売して大人気になったカンロの「あの日夢見た雲グミ」が、5月31日からコンビニ限定で再販されています。食べるだけではなく、コップに貼り付けてジュースを注ぐことで空に浮かんだ雲を作ることができますよ。
 

「あの日夢見た雲グミ」の味や大きさは?

「あの日夢見た雲グミ」は、もくもくホワイトソーダ味

まずは「あの日夢見た雲グミ」の基本情報から。袋の中に入っている白い雲は「もくもくホワイトソーダ味」です。香りも味も甘めです。食べてみると、思った以上に歯応えがありました。噛んで食べるというよりは、口の中で溶かして食べたい食感です。
 

大きさは、3cmほど。それぞれ大きさに若干の違いはありますが、一口で食べられるサイズです。
 

青空に「あの日夢見た雲グミ」を浮かべてみる

ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社の「ブルーウェーブ フロート」(左)とセブンプレミアムの「ゼロキロカロリーファイバー 500ml」(右)


SNSなどで話題になっているのは、「あの日夢見た雲グミ」を空に浮かんでいる雲に見立てること。コップなどに貼り付けて、色付きのジュースを注ぐだけでできます。筆者は、青空と夕焼け空に浮かべてみます。
 

使うジュースはセブンプレミアムの「ゼロサイダートリプル ファイバー 500ml」とポッカサッポロフード&ビバレッジの「ブルーウェーブ フロート」です。

「あの日夢見た雲グミ」を半分にカット


まずは「あの日夢見た雲グミ」を半分にカットします。理由は「あの日夢見た雲グミ」の表面には粉白い状のものが付いていて、このままではコップにくっつかないから。
 

半分にカットすることでグミ部分が出てくるので、コップにくっつきやすくなります。また、キッチンバサミを使うとカットしやすいですよ。
 

「あの日夢見た雲グミ」をコップに貼り付ける

コップにカットした「あの日夢見た雲グミ」を貼り付けます。
 
「ブルーウェーブ フロート」を注ぐ


「ブルーウェーブ フロート」を注ぎます。水色の液体なので、青空に雲が浮かんでいるように見えますね。
 

夕焼け空に「あの日夢見た雲グミ」を浮かべてみる

「ゼロキロカロリーファイバー 500ml」を注ぐ

次は夕焼け空バージョン。作り方は同じです。コップに貼り付けたら「ゼロサイダートリプル ファイバー 500ml」を注ぎます。
 
夕焼け空の完成


こちらは透明のオレンジ色で、なんだか遠くまで澄んだ綺麗な夕焼け空のよう。
 

今回は青空と夕焼け空を作りましたが、メロンソーダを使う人もいるようですね。他にもグレープ味やレモン味など、ジュースの味と色は多彩。オリジナルの空を作ってみるのも楽しいのでは? 「あの日夢見た雲グミ」は1袋158円(税込)です。販売場所がコンビニ限定なので、注意してくださいね。



【おすすめ記事】
タリーズが25周年「アニバーサリーハッピーバッグ」を発売! オンライン限定品も3種登場
ローソンの「ハッピーターンコラボ」を実食! 「ん?」と思うものから思わず笑ってしまうものも
ローソンの「Uchi Café プレミアムロールケーキ」が4号サイズに! ネット限定で6月8日まで販売
ダイソーの「昭和風ミニ扇風機」が昭和レトロでかわいい! モバイルバッテリーと組み合わせて使って!
「マック×カルピス」コラボ第1弾!「マックシェイク カルピス」が7月上旬まで限定発売