ローソンの「ハッピーターンコラボ」を実食! 「ん?」と思うものから思わず笑ってしまうものも

亀田製菓の「ハッピーターン」とローソンがコラボ! 6つある商品の中から、特に気になった4つを実食してみました。

ローソンで買えるハッピーターンコラボ商品(画像は全て筆者撮影)

亀田製菓の「ハッピーターン」といえば、「魔法の粉」とも言われる独特の味付けが最大の特徴です。その人気のお菓子とローソンがコラボして6つの新商品を発売しました。今回はその中から、筆者が特に気になった4つを実食していきます。
 

「からあげクン ハッピーターン味」

「からあげクン ハッピーターン味」

ローソンの商品の中でも人気が高い、「からあげクン」のハッピーターン味です。パッケージもかわいらしいですよね。1パックに5個のからあげクンが入っています。
 
1パックに5個入り

まずは香りから。定番商品の「からあげクン レギュラー」とあまり変わらないような気がしました。そして1個食べみても、ハッピーターン独特の味がほとんど感じられないような……。
 
ハッピーパウダーは使用されていない!


筆者自身がすごく期待をしていたせいかもしれないと思ったのですが、それもそのはず、パッケージには「ハッピーパウダーは使用しておりません。」と書かれていました。これで納得。「からあげクン ハッピーターン味」に関しては、過度な期待はせずに食べた方が良さそうです。価格は216円(税込、以下同)です。
 

「飲むハッピーターンオ・レ」

「飲むハッピーターンオ・レ」

実は筆者が最も興味を持ったのは、「飲むハッピーターンオ・レ」でした。ハッピーターンがドリンクになったのだから、その仕上がりが気になります。コップに注いでみるとミルクのような色合いです。
 
ミルクのような色


飲んでみると、ミルクプリンのような味わいでした。甘さがあります。そして時間差で塩気があり、最後にハッピーターンの味がしました。後味は完全にハッピーターン。これには思わず笑ってしまいました。一気飲みをするようなドリンクではないですが、甘じょっぱくてチョビチョビ飲みたくなる味です。内容量は180mlで168円です。
 

「不二家 ホームパイミニ ハッピーターン味」

「不二家 ホームパイミニ ハッピーターン味」

不二家のホームパイとハッピーターンの夢のコラボです。甘くてサクサクっとした食感のホームパイがハッピーターンの味になりました。
 
ひと口サイズで食べやすい


1個は少し小さめで、ひと口で食べられるサイズ。食べてみると、確かにハッピーターンの風味はしますが、それほど強くは感じられませんでした。でもほんのりと後味が残り、ホームパイの甘さともマッチしています。またサクッとした食感は健在。歯応えが良いお菓子です。こちらは41g入って140gです。
 

「東洋水産 ハッピーターン味焼そば」

「東洋水産 ハッピーターン味焼そば」

「マルちゃん」でおなじみの東洋水産とハッピーターンのコラボです。なんと焼そばが発売になりました。作り方は一般的なカップ焼そばと同じです。お湯560mlを注いで3分待ちます。その後で湯切りをして、粉末ソースとあられ(かやく)を混ぜ合わせます。
 
ハッピーターンの味がする粉末ソース

この粉末ソースがすでにハッピーターンの味でした。
 
かやくは、あられのみ


ネギや刻みのりなどの薬味がないので少し寂しい感じがしますが、食べてみると、かやくのあられだけで満足できる味わいです。むしろハッピーターンの風味を消さないためには、あられだけで十分。味はお菓子のハッピーターンより少し塩気が強いように感じたのですが、それが麺を絡んで後を引くうまさです。箸が止まらなくなりますよ。価格は198円です。
 

ローソンで買えるハッピーターンコラボ商品は、この他に「Lチキ ハッピーターン味」(214円)、「亀田製菓 パウダーまみれのハッピーターン」(118円)があります。すべてを食べて制覇するのも良いかもしれませんね。店舗によっては品切れになっている可能性もあるので、気になる人は事前にチェックしてからローソンへ行ってみてください。



【おすすめ記事】
ハッピーターンが焼きそばに!? 噂の「マルちゃん ハッピーターン味焼そば」を食べてみた
すかいらーく4ブランドが「クーポン祭り」開催中! 週替わりで6週連続実施
ミスド新作は「エンゼルフルーツ」 6月1日発売、いちごやメロンなど計4種
マクドナルド「ビッグマック」セットが550円に! 6月1日から2週間限定
バーガーキング「2コ得(ニコトク)」開催でバーガー2個500円に! 5月27日から


【関連リンク】
ローソン

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望