黒柳徹子、20代頃の“昭和カメラ女子”姿を公開! 「お人形さんみたいで素敵」「なんてエレガント」

女優でタレントの黒柳徹子さんが5月28日、自身のInstagramを公開。20代の頃に撮影された自身の写真を公開し、話題を呼んでいます。

女優でタレントの黒柳徹子さんが5月28日、自身のInstagramを公開。20代の頃に撮影された自身の写真を公開し、話題を呼んでいます。
 

「道が違えば映画監督になっていたかもしれませんね」


黒柳さんは投稿で、「実は私、カメラマンになろうかと思ったくらい写真に夢中になっていた時期がありました。最初の2枚は、20代頃で、ロールフィルムの前の写真機ですね。3枚目は、私が使ってきた歴代の一眼レフカメラです。私が撮影した動物の写真集も出版されて、前書きを、何と篠山紀信さんにお願いしました。今思うと、恐れ多いことです。本日配信のYouTubeでは、その頃のお話をしています」とつづり、カメラについての詳細はYouTubeで話すと明かしました。
 

2枚目の黒柳さんは、“真知子巻き”をしています。真知子巻きとはショールを頭からかぶり、首に巻くスタイルのこと。菊池一夫さん原作の映画『君の名は』(1953年)の主人公・真知子をまねし、当時大流行しました。昭和らしさが醸し出された1枚です。
 

コメントでは、「お人形さんみたいで素敵」「セクシーなのになんてエレガント」「素敵なお写真」と黒柳さんを称賛する声が寄せられています。また、「いろいろな事に興味津々が若さの秘訣ですね」と、何事にも興味を持ってチャレンジする黒柳さんの姿勢が、若さの秘訣(ひけつ)では? という声も寄せられました。
 

「道が違えば映画監督になっていたかもしれませんね」


そんな「元祖カメラ女子」の黒柳さんが、「もしも私がカメラマンだったら…」と題した動画を同日、YouTubeに投稿しています。コメントの中には、「徹子さんの視点、世界を見てみたい」「道が違えば映画監督になっていたかもしれませんね」という声もありました。ファインダー越しに見る「徹子の世界」、気になる人はYouTubeもチェックしてみてくださいね。
 


>次ページ:「元祖カメラ女子」 黒柳さんの投稿をもっと見る!
 


【おすすめ記事】
黒柳徹子、カラフルな『ギャルソン』スカート姿を披露! 「可愛くてお似合い」とべた褒めの声相次ぐ
「元気の秘訣を教えてほしい」女性芸能人! 同率2位は「草笛光子」「吉永小百合」、1位は?
実は聞きベタ(?)な黒柳徹子さんに学ぶ「愛され力」
大黒摩季、愛猫の名前を「トットちゃん」に決定! 「黒柳徹子さんパワー」が決め手に

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応