「了解しました」「おビール」は間違い? 500人に聞いた「間違えやすい&紛らわしいと感じる敬語」

All About編集部は、全国の10〜60代の500人を対象に「敬語」に関するアンケート調査を実施しました。敬語の使い方に“自信がある”と回答した人は、わずか2割。難しいと感じる人が多い「敬語」の中でも、間違えやすい、紛らわしいと感じる言葉を聞きました。


All About編集部では、全国の10〜60代の500人を対象に「敬語」に関する独自アンケート調査を実施しました(調査期間:2022年5月10〜11日)。自分自身の「敬語の使い方」に自信を持っている人は、わずか2割。多くの人が難しいと感じている敬語の中でも、500人に聞いた、間違えやすい、紛らわしいと感じる言葉をご紹介します。
 

「了解しました」は間違い? ビジネスシーンでのあいまいな言葉

「つい言ってしまいそうになります(35歳男性)」「敬語として使えると思っていました(50歳女性)」「目上の人には使わない方が良い言葉だということ(36歳女性)」など、知らずに使っていた、との声が多かったのは「了解しました」「了解です」。特にビジネスシーンで戸惑う人は多いようです。「了解しました。承知しました。の使い分け(32歳女性)」「了承しました、了解しました、承知しました……これらの使い方が微妙に思う(62歳男性)」など、戸惑いの声が寄せられました。

また、「口語では『御社』、文語では『貴社』(24歳女性)」「御社と弊社。書類上でならまだいいが、しゃべっていると咄嗟にどっちか分からなくなることが多い(29歳女性)」「〇〇社長か、社長の〇〇様かどっちが良いのか分からない(34歳女性)」など、いまだにあいまい……という表現も多いようです。
 

どっちの意味なのか紛らわしい2大敬語は「結構です」と「いらっしゃる」

「結構です」という表現については、「『いらない』とする場合といいことを表現する場合とあるから(57歳女性)」「いいのか要らないのか紛らわしいことがあります(51歳女性)」などの声が寄せられました。「『お箸をお付けいたしますか?』の問いに『結構です』と答えると、『ありがとう』と『いらないです』のどちらにも取れる表現のため(35歳女性)」など、“紛らわしい”との声が寄せられました。

同じく、紛らわしい敬語として「いらっしゃる」に関する回答も多く、「来るの意味か、居るの意味か紛らわしい時がある(40歳男性)」「今から来るのかすでに来てるのか紛らわしいです(37歳男性)」などの声が見られた。「いらっしゃる、おいでになる(30歳女性)」「いらっしゃる、お見えになる(26歳女性)」「いらっしゃると来られるなどどっちを使えばいいかわからない(50歳男性)」など、使い分けが難しいとの声が寄せられました。
 

「おビール」はNG? 使い分けが難しい敬語

「名詞につける時に、正しい言葉が分からない(31歳女性)」「何に付けて良いのか紛らわしく感じます(32歳女性)」などの声が上がったのは、「お」や「ご」がつく言葉。「『お』と『ご』がつく言語。お名前やご依頼といった日本語が間違っていることを上司に指摘されてハッとし、紛らわしいと思っています(39歳女性)」などのほか、「おビール」など、どの名詞に付けたら正解なのか分からない、との声が多く寄せられました。

また、「使い分けが紛らわしく感じます(32歳女性)」「間違いやすいです(62歳女性)」などの声が集まった「いただく」と「くださる」。さらに、「よく間違えている人をみかけますし、偉い人でも間違って使っているなと思います(37歳女性)」などの声もあった、「おられる」と「いらっしゃる」も使い分けが難しい言葉として挙げられました。
 

間違ってるかも……と思っていても、つい使ってしまう言葉

「おっしゃられた」という表現については「おっしゃられた。二重敬語だが、TVコメンテーターの方もよく間違って使っている(45歳男性)」「おっしゃいましたをおっしゃられましたと言ってしまうことがあります。二重敬語が紛らわしいです(33歳女性)」「おっしゃられた、おっしゃったと間違えそうになります(34歳女性)」など、間違っていると分かっていても使ってしまうという声が多く寄せられました。

また、「よろしかったですか、はつい使ってしまう(34歳女性)」「よろしかったでしょうか、など少しラフに使ってしまう言葉です(34歳女性)」「『~になります』いざ使おうとしたとき、適切な場面とそうでない場面が混乱する(37歳女性)」などのコメントも。
 

「二重敬語」「謙譲語、丁寧語、尊敬語全てがごっちゃ」の声も

「二重敬語。『ご覧になられました』や『うかがわせていただきます』など(45歳女性)」「二重敬語。させて頂きますなど(46歳男性)」「二重敬語…おっしゃられる(38歳女性)」「二重敬語です。『拝見させていただく』や『〇〇部長様』などは間違って使っている人が多いと感じます(42歳女性)」など、「二重敬語」は敬語を使う上で難題のようでした。

また、「尊敬語と謙譲語の使い分けや、課長のことを部長に伝える場合などに混乱することがある(46歳女性)」「謙譲語と丁重語の使い方がややこしいです。申し上げると申す(38歳女性)」「謙譲語、丁寧語、尊敬語全てがごっちゃに、なっています(35歳女性)」などのコメントも寄せられました。


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
「よろしかったでしょうか」や「させていただく」にモヤモヤ。500人に聞いた「イラッとする敬語」とは?
「~いたします」「恐れ入りますが」が人気? 500人に聞いた“好きな敬語”が意外だった
「敬語はあったほうがいい」は8割以上。「ないとビジネスが成り立ちません」の声も【500人調査】
「お客さま、そう申されましても」でクレームにまで発展!? 「敬語の失敗エピソード」を500人が告白!
バイト敬語や若者言葉に要注意!お世話かけます等、NGな言葉遣い
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化