7月1日から楽天銀行+楽天カードのSPU条件が変更になる(画像出典:楽天銀行のホームページ、以下同)

ポイント還元率が高いとされる「楽天カード」は、ポイ活をする人には欠かせないサービスです。楽天のポイント還元プログラム「SPU」(スーパーポイントアップ)を活用して楽天グループの他サービスと一緒に使えば使うほど、ポイント還元倍率が高まります。
 

そんなお得なサービスですが、楽天グループは7月1日から、楽天カードを組み合わせたSPUの一部条件を変更すると発表しました。何がどう変わるのか、ポイ活をする人は今後どうすれば良いのでしょうか。
 

変更ポイント1:ポイント倍率が「+1倍」→「+0.5倍」。条件クリアで「+1倍」に

変更内容


2022年7月1日から変更になるのは、「楽天銀行+楽天カード」を組み合わせた場合のポイント倍率。変更前は「楽天銀行口座で楽天カードの利用代金の引落をするとポイント+1倍」ですが、7月1日から「楽天銀行口座で楽天カードの利用代金の引落をするとポイント+0.5倍」になります。
 

これだけ見るとポイント還元率が下がっているのですが、楽天銀行口座で楽天カードの利用代金の引落しをして、さらに購買の前月に楽天銀行で給与、賞与、年金を受け取るとポイントが+0.5倍になります。この2つの条件をクリアすれば合計+1倍で、これまでと変わらないことになります。
 

給与・賞与の受取条件は?

ただし給与・賞与の受取は、「給与振込」の電文で振込をされていることが条件になります。それ以外は給与・賞与の受取と認識されずポイント率アップの対象にならないのです。
 

この背景には「楽天銀行の口座を、生活のための口座として使って欲しい」という楽天側の考えがあります。楽天銀行の口座数は2022年3月末に1231万口座となりましたが、ただ口座を持っているだけではなく本当に活用する人にポイントを還元していくのが楽天の狙いなのでしょう。
 

変更ポイント2:月間獲得上限ポイント数が5000ポイントに

上限ポイント数が減少

SPUでは会員ランクによって、月間の獲得上限が以下のように決まっています。
  • ダイヤモンド会員:1万5000ポイント
  • プラチナ会員:1万2000ポイント
  • ゴールド会員:9000ポイント
  • シルバー会員:7000ポイント
  • その他会員:5000ポイント


7月1日以降は、会員ランクに関係なく5000ポイントに統一されます。現在月間の獲得上限が最も多いダイヤモン会員は、上限が1万ポイントも減ってしまうことになり、なんだかお得感が薄れてしまうのは正直なところでしょう。
 

だからこそ楽天の変更は「改悪」と言われてしまうこともありますが、一方でこの変更によってSPUのポイント還元率が下がったとしても、他でカバーができる可能性もあるのです。
 

楽天カードのキャンペーン利用で、ポイント還元率アップ

楽天カードでポイ活をする人は、今度どうすれば


楽天カードは、SPUの他にもいくつものキャンペーンを行っています。例えば、2022年5月時点では、エントリーの後に大丸・松坂屋の対象店舗で楽天カードを使うとポイントが2倍になります(6月30日まで)。
 

他にもENEOSサービスステーションで楽天カードを合計300円(税込)以上利用すると、抽選で100人に5000ポイントが当たります。こちらも事前エントリーが必要です。
 

それぞれ細かい条件があるので確認が必要ですが、7月1日の変更で減ってしまうポイントをカバーできる、あるいはもっと多くのポイントを獲得できる可能性があるかもしれません。
 

楽天のポイント還元率が下がることは、考え方によってはもっとお得なキャンペーンがあるのではないか? と探していくきっかけにもなります。ポイ活は積み重ねが大切になってきますから、定期的にチェックをして参加していきましょう。



【おすすめ記事】
メルカリで「専用」にしたら他のユーザーが横取り。出品者はどう対応するのが正解?
おすすめの「証券会社」ランキング! 3位「野村證券」、2「楽天証券」、1位は?
他銀行から「ゆうちょ銀行」に送金するときには気をつけて! 「記号・番号」はそのままでは使えない
楽天ラクマで「ゆうパケットプラス」が使える! 送料380円で厚さ7cmまで対応
「楽天ラクマ」がリニューアル! 「ラクマ公式ショップ」と「産直・こだわり食品」が登場



【関連リンク】
プレスリリース