楽天ラクマの新しいアプリアイコンとブランドロゴ(画像は楽天グループ株式会社のプレスリリースより)


楽天グループは4月5日、運営するフリマアプリ「楽天ラクマ」のリニューアルを発表しました。ロゴとアプリアイコンのデザインを刷新し、130社以上のリユース事業者や40社以上の国内の並行輸入事業者が出店する「ラクマ公式ショップ」と、農産物や水産物などの取り引きに特化した「産直・こだわり食品」を開始しました。具体的にどんな内容なのでしょうか。
 

偽物の心配が大幅に軽減される「ラクマ公式ショップ」

「ラクマ公式ショップ」(画像は楽天ラクマのアプリより)

「ラクマ公式ショップ」は、リユースの有力企業や並行輸入事業者が参加するショップ。2022年4月時点では中古ブランド品やスマートフォン端末、並行輸入された商品などが出品されていきます。
 
プロが鑑定した商品が出品される(画像は、楽天ラクマのアプリより)


ユーザーとして気になるのは、ブランド品の偽物です。これに関しては、プロが鑑定した上で本物と判断された物だけが出品されるのだそう。事業者による出品商品ページには「公式マーク」が表示されています。個人の出品者と事業者を簡単に見分けることが可能です。
 

そのほか、並行輸入の商品も出品されています。2022年の半ばには、アパレルブランドと連携をしたブランド公式のアウトレットやセール品も出品される予定です。
 

「産直・こだわり食品」は肉や魚、野菜、果物がそろっている

「産直・こだわり食品」(画像は楽天ラクマのアプリより)


生産者や加工業社、卸売業者が出品をする「産直・こだわり食品」を見ると、肉や魚、野菜、果物と、まるでスーパーのようにそろっています。産直なので価格も抑えめになっているものが多く、お得感もあります。
 

楽天ラクマは、ユーザーの不安を解消すると共に、市場の活性化も狙っているようです。フリマアプリには「メルカリ」という王者がいますが、どこまで追いつけるのか、そして追い越せるのかが今後の課題になってくるのでしょう。こういった建設的な競争は、ユーザーにとっても大きなメリットになりますね。


【おすすめ記事】
使わないスマホが郵送だけでお金に変わる! ラクマ買取サービスが便利
楽天「ラクマ」が「ゆうパケットポスト」に対応! 街中の郵便ポストに投函するだけで発送完了
楽天ラクマで「ゆうパケットプラス」が使える! 送料380円で厚さ7cmまで対応
眠っている不要な本、売ったら16万円になるかも!?
「メルカリShops」が本格スタート! どんなサービス?



【関連リンク】
プレスリリース