「プロアシスト ワイドオープンバック」
ワークマンの工具入れ「プロアシスト ワイドオープンバッグ」

現場作業に使う道具や作業着等を販売する、ワークマン。近年は女性向けアイテムの「#ワークマン女子」を展開したり、キャンプグッズを展開したりと、さまざまな商品を取り扱っています。
 

今回紹介するのは、工具などを入れるためのバッグ「プロアシスト ワイドオープンバッグ」(税込1304円)。日常生活にも使えておすすめです。
 

ワークマンの工具入れ「プロアシスト ワイドオープンバッグ」

工具入れとして販売されている
工具入れとして販売されている「プロアシスト ワイドオープンバッグ」


「プロアシスト ワイドオープンバッグ」の商品サイズは(高さ)25cm×(幅)34cm×(奥行き)22cm。カラーラインナップは、ブラックとレッドです。筆者は、レッドを購入しました。
 

ほぼ全開するワークマンの「プロアシスト ワイドオープンバッグ」

ぱっと見はコロンとしたフォルムがかわいらしい、小さなボストンバッグのようにも見えるワークマンのプロアシスト ワイドオープンバッグ。しかし上部のファスナーを開けると、バッグサイズとほぼ同じ、全開に開く仕様になっています。

全開する
全開する「プロアシスト ワイドオープンバッグ」

ざっくりと測っても、35cmと22cmとなっているので、ほぼ本体サイズです。
 
ほぼ本体サイズに開く
ほぼ本体サイズに開いているキャプション

 

使わないときはコンパクトに収納できる

バッグの中には可動式の底板が入っているので、安定した状態で中に物を入れられます。
 
底板がついている
底板がついている

使わないときは底板を立ててたたんでしまえば、約3cmの薄さになるので収納にも場所を取りません。
 
薄く収納できる
使わないときはコンパクトになる

 

サイズ違いのポケットが充実

サイズ違いのポケットが複数あるのも「プロアシスト ワイドオープンバッグ」が使いやすい点です。
 

まずは、正面に3つのポケット。

「プロアシスト ワイドオープンバック」のポケット
正面に3つのポケット

内側は、片面が縦横11cm幅のポケットが3つ。
 
内側ポケット
約11cm×11cmのポケットが3つ

もう一方の面は深さが11cmで幅が4cm、7cm、10cm、7cm、4cmと5つのポケットになっています。
 
サイズ違いの5つのポケット
サイズ違いの5つのポケット
 

生地がしっかりしている

生地がしっかりして厚みがあるので、多少多めの荷物を入れても型くずれの心配なし。荷物を入れて車のトランクルームに入れておいても、安定して自立しています。
 
自立する
自立するバッグ
 

日常生活のさまざまなシーンで活躍

最初に紹介したように、工具入れとして販売されている「プロアシスト ワイドオープンバッグ」ですが、ハードタイプでしっかりしている、大きく開き出し入れしやすい、サイズ違いのポケットが複数あるという点で、普段の生活にもいろいろ便利に使えます。


・キャンプの調理道具入れ
キャンプやバーベキューのときに持っていきたい、小型のナイフやまな板、スパイスボトルなどに加え、ゴミ袋までもしっかり収納してくれます。

・メイクボックスとして
基礎化粧品のボトルから、ファンデーションやアイシャドウ、メイク筆などを入れるのにもおすすめ。鏡も入れておけば、好きな場所でササッとメイクができます。

・掃除道具入れとして
重曹やクエン酸のボトル。100円ショップで売っている隙間用のブラシ、マイクロファイバー雑巾など、「プロアシスト ワイドオープンバッグ」にまとめておけば、掃除したい場所にまとめて持っていけて便利です。
 
さまざまな用途に使える「プロアシスト ワイドオープンバック」
さまざまな用途に使える「プロアシスト ワイドオープンバッグ」

自分のライフスタイルにあわせて、さまざまな使い方ができるワークマンの「プロアシスト ワイドオープンバッグ」。家に1つあると便利ですよ。



【おすすめ記事】
ワークマンで見つけた1500円の優秀エプロン! 家事中の“あるある”ストレスを解消
ワークマン「撥水ライトマウンテンパーカーレイン」は機能性とオシャレを兼ね備えたオールシーズン着られる一着
ワークマンの「ガウチョパンツ」に新色登場! シックな色で年齢問わず使える優秀アイテム
ワークマンの人気「撥水ライトプリーツスカート」に新色ブルーグレーが登場! 梅雨時季にも活躍しそう
ワークマンの「タウンサンダル」はルームシューズにもおすすめ! その理由とは?


【関連リンク】
ワークマン