おなじみの野菜も、色や見た目がいつもと違う、食べてみたら普段と違う味がするなど「あやしいな、大丈夫かな?」と不安になったことはありませんか。次から次へと湧いて出る素朴すぎる疑問を、野菜ソムリエプロの江戸野陽子さんに解決してもらいます。#3はアスパラガス。
 

#3「アスパラガス」が“むき出し”でスーパーに…衛生面は大丈夫?

スーパーに並ぶアスパラは、なぜ“むき出し”なのでしょう?

結束テープなどで束ねられて、むき出しの状態で販売されるアスパラガス。太さも気になれば鮮度も気になりますが、「どれどれ」と手に取ってじっくり見比べる行為は“マナー違反”と言われることも。アスパラガスは「どのぐらい洗えばいいの?」と衛生面で不安を感じる人もいるようです。
 

Q. アスパラガスは、どのぐらい洗えばいい?

アスパラガスは調理の直前に洗いましょう

アスパラガスは水が付着した部分から劣化するので、調理の直前に洗いましょう。

茎のところどころにある茶色い三角の「ハカマ」と呼ばれる部分は汚れが残りやすいですし、人の手が触れやすい「根元」の部分や複雑な形の「穂先」部分は特に注意しながら流水で十分に洗いましょう。筆者の場合は30秒を目安に洗っています。
 

Q. アスパラガスが“むき出し”で販売されるのはなぜ?

アスパラガスは収穫後も呼吸しているので、袋に入れて保存すると袋内の湿度が上がって蒸れてしまいます。スーパーなどで袋に入れずに販売されることが多いのは、呼吸による劣化を防ぐため。

アスパラガスは、キッチンペーパーにくるんで袋に入れてから野菜室へ
 
蒸れて劣化すると、穂先から“ぬめぬめ”してきます。すぐに食べない場合は、キッチンペーパーにくるんでから袋に入れ、野菜室で立てて保存すると長持ちします。
 

Q. アスパラガスは「細い=やわらか」「太い=硬い」ですよね?

太いアスパラガスは、育ちすぎて固く美味しくないイメージがありますが、実は違います。
太いアスパラと細いアスパラ、美味しさに差はあるのでしょうか

アスパラガスの繊維の数は太さに関係なく同じなので、太いものは水分量が多くて繊維が大きいのです。繊維質が大きくなるということは、伸びて薄くなるため、太いアスパラガスは柔らかいというわけです。

つまり細いものはカリカリと歯ごたえがあり、太いものはみずみずしい柔らかさを楽しめます。お好きな食感をお選びください。
 

Q. 皮はむいたほうがいい?ハカマは取り除かなきゃダメ?

固くなった根元の部分はピーラーでむく

アスパラガスは、鮮度がよければ皮をむかずに食べられますが、時間が経つと根元から固くなっていきます。手で折れるところまでは皮をむかずに食べられますし、固くなってもピーラーでむけば十分食べられます。

茶色い三角のハカマ部分は、取り除いたほうが口触りがよく見た目もきれいですが、取り除かずにそのまま食べても大丈夫ですよ。


【おすすめ記事】
ジャガイモから芽が出て“ぶよぶよ”してます、食べても大丈夫でしょうか?
キャベツの葉を1枚ずつ“はがして”使うのが面倒です、ズボラ過ぎますか?
「好きな焼きそばの具」ランキング! 3位「もやし」2位「豚肉」、1位は?
「好きな豆腐料理」ランキング! 3位「豆腐のみそ汁」、2位「麻婆豆腐」、1位は?
「好きな味噌汁の具材」ランキング、 1位「豆腐」、2位「わかめ」、3位は?