『未来への10カウント』第1話 「キムタクの存在感ハンパない」王道の成長&青春ストーリーが好発進

4月14日に放送スタートしたドラマ『未来への10カウント』第1話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。

木村拓哉さん主演のドラマ『未来への10カウント』(テレビ朝日系)が4月14日より放送スタートしました。第1話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

未来への10カウント
画像出典:テレビ朝日『未来への10カウント』公式サイト

 

第1話のおさらい

高校時代にボクシングで4冠を達成するも、その後は不運続きで生きる希望を失ってしまった桐沢祥吾(木村拓哉)。ピザの配達アルバイトで食いつなぎつつ、「いつ死んでもいい」と口にする彼をなんとか元気づけようとしていたのが、高校時代のボクシング部の親友・甲斐誠一郎(安田顕)でした。甲斐は元プロボクサーで、現在はボクシングジムを経営しています。
 

甲斐は母校・松葉台高校ボクシング部の前監督・芦屋賢三(柄本明)に相談し、桐沢は後ろ向きながら芦屋の後任“臨時コーチ”として母校に戻ります。しかし昔と違って東大合格者も出す進学校となった松葉台高校では、芦屋が退いてからボクシング部は弱体化。校長の大場麻琴(内田有紀)は、部を潰そうと画策していました。大場は芦屋の娘で桐沢の後輩。桐沢がいたボクシング部でマネージャーをしていたため、桐沢とは旧知の仲です。
 

突然顧問に任命された折原葵(満島ひかり)も、ボクシング部に対する思い入れも知識もない状態。熱意を感じられない新コーチと新顧問を前に、ボクシング部の学生たちは複雑な思いを抱きます。しかし、桐沢がかつて4冠を達成した人物だと知った部長の伊庭海斗(高橋海人)は、いきなり公開スパーリングを申し込みます。
 

まだ部活を決めていない1年生を集め、公開スパーリングを通してボクシングの魅力を伝えようとする部員たち。伊庭は桐沢に「僕たちは強くなりたい」「ちゃんと指導してください」と必死で迫り、桐沢が軽くジャブを打てば「やっとボクシングができた」と感動をあらわにします。しかし桐沢の軽いボディーブローにより、伊庭は肋骨にヒビが入ってしまいます。
 

学校に報告するという折原を、念願のコーチに去られてほしくない伊庭たちは必死で説得します。その熱い思いを目の当たりにした折原は、桐沢が残れるように動きをとります。公開スパーリングを見ていた3人の1年生がボクシング部に入部し、部の存続とともに桐沢のコーチ残留が決まるのでした。

 

未来への10カウント
画像出典:テレビ朝日『未来への10カウント』公式サイト

 

キムタクの存在感、やっぱり半端じゃなかった

生きる希望を失くし、いつ死んでもいいと無気力に日々を過ごす桐沢と、彼を元気づけるためボクシングへ戻そうとする親友・甲斐、コーチをするボクシング部の部員たち、顧問・折原のキャラクターが紹介された第1話。王道の成長&青春ストーリーに、B‘zの主題歌『『COMEBACK -愛しき破片-』が心地よく勢いをつけていました。
 

Twitterでは「良い意味でキムタクらしくないドラマで新鮮だった」「やはりキムタクが主演してるドラマってハズレが無い気がするね」「木村拓哉の俺カッコいいでしょドラマ。その清々しさがたまらない」など、木村拓哉さんの存在感と、相性抜群のストーリーに期待感を増す声が続出しています。
 

また、「盟友が主人公を立ち直らせようとする様子にグッとくる」「これからどんな成長を見せてくれるのか楽しみ」「原点回帰。あの頃を思い出す」など成長物語に期待する一方、「キャストがすごく豪華。教職員の中にあの大物女優も」「キムタクと内田有紀の並びがまた見れて眼福」「某病院ロビーは東帝大学病院だしw」など、キャスト陣やかつてのドラマとの関連性を楽しむ声も上がっています。
 

4月21日放送の第2話では、一波乱ありながらもついに指導を開始する桐沢。校長・大場麻琴との対立構造がより勢いを増しそうです。
 

『未来への10カウント』木村拓哉さんコメント動画




【おすすめ記事】
『マイファミリー』第1話「ニノの演技」がトレンド入り、豪華キャスト陣に期待の声
「2022年春ドラマ期待度」ランキング! 3位『17才の帝国』、2位『元彼の遺言状』、1位は?
『元彼の遺言状』第1話 綾瀬はるかの剛腕&食べっぷりと「シェフ大泉」にファン歓喜
『悪女(わる)』第1話 今田美桜×江口のりこ最強タッグ爆誕! 「面白い!」「元気でる!」と好発進
4月スタート期待の「春ドラマ」3選! 二宮和也、綾瀬はるか、高橋一生&柴咲コウから目が離せない!

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始