「上司ガチャ」とは、会社で誰が上司になるかが“運”によって決まることをガチャガチャにたとえ、良い上司と悪い上司の当たりはずれが大きいことを表現した言葉です。アッテルは、「上司ガチャ」の実態調査結果を公表。同調査は、全国の正社員として働いている452人を対象にインターネット上で実施されたものです(調査期間:2022年3月7〜14日)。調査結果から「“上司ガチャにはずれた”と感じられる上司の特徴」ランキングを発表します。
 

“上司ガチャにはずれた”と感じた上司の特徴TOP3

現在、もしくは過去に、正社員として勤めた企業において「上司ガチャ」に“はずれた”と感じたことがある人は、全体の81%を占めました。
“上司ガチャにはずれた”と感じられる上司の特徴
“上司ガチャにはずれた”と感じた上司の特徴として最も多かったのは、「指示がわかりにくく一貫性がない」(48.5%)。次いで、「高圧的な態度を取る」(47.8%)、「すぐに怒るなど感情的になりやすい」(44.7%)が続きました。
 

“上司ガチャにはずれた”と感じたとき、どうする? 

“上司ガチャにはずれた”と感じたとき、どのように行動しましたか?
「“上司ガチャにはずれた”と感じたとき、どのように行動したか」を聞いたところ、最も多かった回答は、「諦めて上司に合わせた」(46.2%)。約2人に1人が解決できないまま諦めていることが分かりました。
 

“上司ガチャに恵まれた”と感じた上司の特徴! 1位は?

“上司ガチャに恵まれた”と感じられる上司の特徴
一方、今までに“上司ガチャに恵まれた”と感じたことがある、と回答した人は70.8%。意外と多いことが分かりました。“上司ガチャに恵まれた”と感じた上司の特徴は、1位が「コミュニケーションが取りやすい」(42.9%)、次いで2位は「人として尊敬できる」(38.5%)、3位が「面倒見が良い」(38.3%)でした。
 

「上司との相性」は仕事のパフォーマンスに影響する?

上司との相性が仕事のパフォーマンスに影響したことはありますか?
「上司との相性が仕事のパフォーマンスに影響したことはあるか」と聞いたところ、「かなりある」と回答した人は50.9%。「ややある」と回答した人と合わせると、9割以上の人が「影響がある」と感じていることが明らかに。どんな上司と働くかが、仕事のパフォーマンスを上げるためにはかなり重要なポイントであることがうかがえます。


>“上司ガチャにはずれた”と感じた上司の特徴TOP8を見る



【おすすめ記事】
「上司ガチャ失敗」60.1%が回答。ハズレを引いた人のその後と、嫌な上司の特徴とは……?
男女300名に聞いた「リモハラだと思う上司の言動TOP10」 3位「体型イジリ」2位「部屋映して」 1位は?
Z世代が選ぶ「上司にしたい有名人」ランキング! 3位「水卜麻美」、2位「HIKAKIN」、1位は?
上司にしたい歴史上の人物ランキング! 3位「坂本龍馬」、2位「卑弥呼」を抑えた1位は?

【関連リンク】
プレスリリース