「憧れのリッターバイク」ランキング! 2位「CB1300(ホンダ)」、1位は……?

​​​​​​​日本トレンドリサーチは、2022年3月14〜18日の期間、男女428を対象に「一度は乗ってみたいリッターバイク」についてアンケートを実施。第3位「フォーティエイト(ハーレーダビッドソン)」、第2位「CB1300(ホンダ)」、第1位は?


実際に乗るには大型自動二輪免許が必要など、ちょっとした手間でハードルが高く感じますが、バイク好きな人の中には、リッターバイク(1000cc以上のバイク)に憧れる人も多いでしょう。

日本トレンドリサーチとRIDEZは共同で、男女428人を対象に「一度は乗ってみたいリッターバイク」についてアンケートを実施しました。なお、調査期間は2022年3月14〜18日です。
 

第3位:フォーティエイト(ハーレーダビッドソン)

第3位はフォーティエイト(ハーレーダビッドソン)でした。回答者からは、「重厚で落ち着きがある」「重厚なスタイルと独特の排気音」「ダイナミックで洗練されているデザインなので優雅な気分でツーリングできそうなイメージ」などの理由が挙がりました。

ハーレーダビッドソンといえば、アメリカの有名オートバイメーカーの1つですが、「ハーレーなら何でも良い」「大型バイクと言えばハーレーダビッドソン」という人も少なくないようです。古くから愛されていることが分かりました。

回答者からは他にも、「荒野を駆け抜ける様がカッコいいから」「サイドカーをつけてツーリングしたい」「中年以上の年代が乗っても違和感がなくかっこいい」などの理由が挙がっています。
 

第2位:CB1300(ホンダ)

第2位はCB1300(ホンダ)でした。回答者からはさまざまな理由が寄せられましたが、特に「スタイリッシュでいいから」「外見がスマートでかっこよくて乗り心地が良さそうなので」「ボディに高いデザイン性があるから」と、高いデザイン性などの外見が人気の理由になっているようです。中には「学生時代からホンダのファンでありCBシリーズを気に入ってたから」という理由の人もいました。

ホンダ(本田技研工業)は、自動車などでなじみ深い、東京都港区に本社を置く日本の大手輸送機器メーカーですが、オートバイの販売台数と売上高は世界トップレベル。世界でも愛されているメーカーだということが分かりました。
 

第1位:ニンジャ1000(カワサキ)

そしてランキング第1位に輝いたのは、ニンジャ1000(カワサキ)でした! ニンジャは、カワサキモータースが日本国内外で製造販売するスポーツタイプのオートバイの名称で、最初に「ニンジャ」が冠されたオートバイは、1984年に北米仕様で発売した「GPZ900R」です。名称の「ニンジャ」は、1981年にショー・コスギ主演の映画『燃えよNINJA』がアメリカで公開され、忍者ブームが巻き起こったことが理由の1つとして挙げられます。

回答者からは、「カワサキは昔から好きで、その中でも馬力の高いニンジャは好きだった」「ボディーのデザインが戦隊もののようにかっこいいので」「名前とスタイルがかっこいいから」「信じられない加速力を体験してみたいから」と、特に高い馬力を理由に挙げている人が多くいました。

>10位までの全ランキング結果を見る

※回答者のコメントは原文ママです

【おすすめ記事】
「自動車部品メーカーが多い都道府県」ランキング! 2位「静岡県」に3倍以上の差をつけた1位は?
「好きな自動車メーカー」ランキング! 3位「日産」、2位「ホンダ」、1位はやはり……?
新成人が欲しい車ランキング! 3位「レクサス」、2位「BMW」、1位は?
新成人が選ぶ、ドライブ中に聴きたいアーティスト! 3位「back number」、2位「藤井風」、1位は?

【関連リンク】
日本トレンドリサーチ
RIDEZ
プレスリリース
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    Mrs. GREEN APPLE『コロンブス』炎上騒動の背景にも…? トガッたクリエイター暴走リスクとは

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性