掃除が苦手な人におすすめ! カインズの「立つほうきロング」は掃除のハードルが低くなる超便利アイテム

ホームセンター大手のカインズ。近年はオリジナル商品も豊富で、便利なアイテムが多いことでも人気です。今回は掃除嫌いな人にこそおすすめしたいカインズの「立つほうきロング」を紹介します。

掃除が苦手な人にとって1番大切なのは「気軽に掃除ができる環境を作ること」。汚れを発見したとき、掃除道具を取り出すのに時間がかかると、それだけで掃除が面倒になってしまう人も多いのではないでしょうか?

そこでおすすめの掃除アイテムが、ホームセンターカインズのオリジナル商品「立つほうきロング」1480円(税込)。筆者は1本購入して気に入ったので、もう1本追加で購入するほど便利なんです。

カインズの「立つほうきロング」、3つのおすすめポイントを紹介します。
 
カインズの立つほうきロング
カインズの「立つほうきロング」 1480円(税込)

 

1.ロングなので姿勢を変えずに掃き掃除ができる

ほうきは、一般的に柄が短いものが多いですが、「立つほうきロング」は柄が長く、使う人の身長によって多少の差はありますが、基本的に姿勢を変えずに掃き掃除をすることができます。

「立つほうきロング」を自分がよく通る場所に立てておけば、すぐに手に取って掃除を始めることができるので、掃除への心理的ハードルが下がります。
 

2.取り出す、戻すが不要! 「立つほうきロング」はケース一体型

まず、ほうきが自立するだけで称賛に値するといえるでしょう。これまでの自立するほうきは、ケースやちりとりにセットすることで自立するというものが多かったのではないでしょうか?

しかし、カインズの「立つほうきロング」はケース一体型なので、取り出したり戻したりする必要がありません。
 

柄のボタン
柄のボタンを押しながらスライドさせる
 
使用するときは、柄にあるボタンを押しながらスライドすると、中からほうきが出てくるのです。
 
ほうきのサイズを3段階で変えられる
ほうきの長さと幅は、3段階に変更可能

 

3.ほうきの長さと幅を変えられるカインズの「立つほうきロング」

ほうきの長さと幅を3段階に変更できる「立つほうきロング」。掃除する場所に合わせて調整できるので、効率良く掃除をすることができます。
 
例えば、玄関回りの掃除。スライダーを1番先に合わせると、面積の広いほうきになります。広い場所の掃き掃除をしたいときは、このパターンで行うと細かいちりやごみも集めやすくなって便利です。
 

一番大きなほうきにすると広範囲の掃除がしやすい
ほうきサイズを大きくすると広範囲の掃除がしやすい

そして、スライダーを手前に引くと、ほうきの面積が少なくなって硬めのブラシのようにして使うことができます。角に集まった汚れが掃きやすくなりますね。
 
角に集まった汚れを履く
角の掃除はほうきを短めにして

室内でも、さまざまな場所に合わせてほうきを調整しながら掃除ができるのがうれしいですね。
 
廊下などを履くときは大きなほうきで
廊下などを掃くときは、ほうきを大きめに調整

窓や引き戸の細い溝は、ブラシタイプにすると汚れをかき出すことができます。
 
短くして溝の掃除に
ほうきを短くして溝の掃除に

カインズの「立つほうきロング」は、掃除が嫌いな人でも、汚れを見つけたらすぐに手に取って掃除ができるアイテムなのです。カインズは実店舗以外に、オンラインショップも充実しているので気になる人はチェックしてみてくださいね。



【おすすめ記事】
どうしても後回しにしてしまいたくなる家事ランキング! 3位「掃除」、2位「食器洗い」を超えた1位は?
SNSで話題沸騰!「カレーのドロドロ汚れ」もスッキリ落とす、スポンジを傷めずに洗い物できるライフハックとは?
【500人に聞いた】ロボット掃除機の利用はまだまだ少数派! 持っている掃除機のタイプランキング、人気No.1は?
ダイソーの「ミニボトル洗いブラシ」は洗濯機の隙間掃除にすごく役立つことが判明
SNSでも話題! 品薄状態が続くダイソーの「ミニ洗濯機」は、なぜこんなに人気なのか?



【関連リンク】
カインズ
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴