えなこ、超ミニスカのスーツ姿で講師として出演「話に集中できない」「説明会どころじゃなくなる」

大人気コスプレイヤーのえなこさんは3月3日、自身のInstagramを更新。超ミニ丈のスーツ姿を公開し、反響を呼んでいます。

大人気コスプレイヤーのえなこさんは3月3日、自身のInstagramを更新。超ミニ丈のスーツ姿の写真を公開し、反響を呼んでいます。
 

「見惚れて話に集中できないかも」


えなこさんは「リクナビさんが開催する『新卒学生向け合同企業説明会』に講師として出演しました。 久しぶりの仙台、楽しかった〜」と、超ミニ丈のスーツ姿で屈み、髪を耳にかける色気のあるショットとともに、企業説明会に講師として出演したことを報告しました。
 

ファンからは「話に集中できない」「説明会どころじゃなくなる」「なんと見事な太もも」といった称賛の声が相次いでいます。
 

確かに、こんな美人な講師が説明会に参加していたら、話はそっちのけで食い入るように見てしまうかもしれませんね。

 
>次ページ:えなこさんのほかの投稿も見る
 

【おすすめ記事】
「履いてないよね!!」えなこ、胸元あらわな際どい着物風コーデ! 「額に入れて飾りたい」
えなこ、セクシーな姿で28歳の誕生日を報告! 「令和のビーナス」「かわいすぎだよ~最高だね~いいね~」
えなこ、豊満な胸元あらわなウサギ衣装を披露! 「油画みたい」「こんなに色っぽいウサちゃん初めて」
「谷間に目が行ってしまう」えなこ、蜷川実花とのコラボで胸元全開の猫コスプレを披露! 「にゃんとも可愛い」

 

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在