ポケモンの好きなゲーム作品ランキング! 30代、40代で1位に輝いたタイトルは……?

1996年の発売以来、多くの人に愛され続けているポケモンのゲームシリーズ。ゲームボーイからニンテンドーDS、switchへと、時代とともに進化を遂げた名作の中から、500人に聞いた、人気のポケモンゲームランキングを発表します。

1996年の発売以来、多くの人に愛され続けている『ポケットモンスター』、通称ポケモンのゲームシリーズ。

All About編集部はポケモン作品に関してアンケートを実施。同調査は、20~40代の474人を対象に、インターネット上で実施しました(調査期間:2022年2月10~17日)。今回は、世代ごとのポケモンの好きなゲーム作品ランキングを発表します。
 

20代の1位は初のDSソフト「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」

2006年に今までのゲームボーイのソフトではなく、初めてニンテンドーDSのソフトとして発売された「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」が20代ランキングで1位を獲得。「ディアルガ」や「パルキア」などの伝説のポケモンのほか、世界的に人気の高い、波導(はどう)ポケモン「ルカリオ」も登場します。

回答者からは、「シロナ戦、何度も挑戦したのでとても印象に残っています(20代女性)」「ダークライを捕まえるために、ポケモンリーグからなみのり(20代男性)」「探検セットが楽しくて友達とよく遊んでいた(20代男性)」「ポケモンコンテストに向けて、ポフィンを作ったがよく失敗していた(20代女性)」など、数々の思い出の場面が上げられました。
 

30代1位は「ポケットモンスター赤・緑」

1996年に発売された、ポケモンゲーム第1弾「ポケットモンスター赤・緑」。「赤」と「緑」のように、出現するポケモンや出現率が異なる2種類のソフトの同時発売スタイルは、第1弾から始まっていました。ゲーム上では名前しか明かされない幻のポケモン「ミュウ」の存在も話題に。

回答者が印象に残っている場面では、「ミュウツーの捕獲(30代男性)」「虫が好きだったので、トキワの森から心をつかまれた(30代男性)」「ゲームセンターでのコインゲーム(30代女性)」「シオンタウンの独特な音楽(30代女性)」などが上げられました。また、「通信ケーブルを使って通信できた日には、なんて時代が来たんだと思った(30代女性)」など、今では当たり前となったオンラインゲームですが、当時は友達と通信対戦できることに衝撃を受けた、という声が多数寄せられました。
 

40代の支持を集める最新作「Pokémon LEGENDS アルセウス」

40代の3位には、2022年1月に発売されたばかりの最新作「Pokémon LEGENDS アルセウス」がランクイン。今作は、今までのポケモンシリーズとは違った、エリアごとのオープンワールド型アクションRPGです。

回答者からは「フィールド上を自由に動けて、今までのポケモンとは違う楽しみがある(40代男性)」「今までのポケモンと違って広大なマップにポケモンがいるのがワクワクしました(40代男性)」「今まで人間の味方だったポケモンまで人間を敵視していて、怖いけどどきどきする。ポケモンが急におそってくる(40代女性)」など、広大なフィールドで自由にポケモン探しやポケモンバトルを体験できる新鮮さが人気を集めています。最初のポケモンがモクロー、ヒノアラシ、ミジュマルの3大人気ポケモンという点も魅力ですね。


※回答者のコメントは原文ママです

【おすすめ記事】
ポケモンの「最初の3体」は何を選ぶ? ゲーム世代別御三家ランキング!
ポケモンの好きな映画作品ランキング! 全世代で人気1位を獲得したのは?
【500人に聞いた】初めて購入したゲーム機ランキング 世代別の人気No.1は懐かしのあのゲーム機
自宅がバレる?知っておきたい「ポケモンGO」のリスク
「好きな『スーパーマリオ』関連のゲーム」ランキング! 2位は王道「スーパーマリオブラザーズ シリーズ」、1位は?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴