ポケモンの好きな映画作品ランキング! 全世代で人気1位を獲得したのは?

1998年の第1作目公開から2021年を除いて毎年公開され、全24作品がそろうポケモン映画。30年以上も世代を超えて観られている、ポケモン映画の人気ランキングを発表! 474人に聞いた結果、全世代で1位を獲得した作品は?

ゲームソフトシリーズを題材にしたアニメーション作品『ポケットモンスター』(テレビ東京系)、通称ポケモン。映画は、1998年の第1作目公開から2021年を除いて毎年公開され、全24作品にまで上ります。

All About編集部は、ポケモン作品に関してアンケートを実施。同調査は、20~40代の474人を対象に、インターネット上で実施しました(調査期間:2022年2月10~17日)。今回は、世代ごとにポケモンの好きな映画作品ランキングを発表します。
 

どの世代でも1位! 記念すべき第1作『ミュウツーの逆襲』

1998年公開の記念すべきポケモン映画第1作、『ミュウツーの逆襲』が全年代で1位に。幻のポケモン「ミュウ」と最強のポケモン「ミュウツー」が登場する物語は、興行収入70億円を超える大ヒット。1998年公開のアニメ映画で1位を獲得しました。世界各国でも上映され、今なお幅広い支持を集めています。
 
画像出典:Amazon
回答者からは、「命とは何かを考えさせられる話(30代女性)」「初めて映画館で見た映画で、初めて映画を見て泣いた作品。当時はとにかくピカチュウ同士の叩き合いが悲しくて泣いていたけど、今思えば深く考えさせられる内容が散りばめられた屈指の名作だったと思いました(20代男性)」などの声が寄せられたように、ミュウツーが人工的に創り出された遺伝子ポケモンであることなど、倫理的な課題にも触れたテーマが印象に残った人も多いようです。2019年には、フル3DCGリメイク版『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』も公開されました。
 

30代の2位は『幻のポケモン ルギア爆誕』

画像出典:Amazon
30代で2位を獲得したのは、1999年公開の第2作目『幻のポケモン ルギア爆誕』でした。「ルギア」は映画で初登場の幻のポケモン。「ルギアが伝説のポケモンで、はやりましたよね〜、可愛いポケモンが好きですが、かっこいいルギアも好きでした(30代女性)」などの声が寄せられました。1作目の『ミュウツーの逆襲』に続き、歴代ポケモン映画の国内興行収入は2位、全米でも公開されました。

回答者からは、「ルギア、ファイヤー、サンダー、フリーザーと初期の伝説が映画で見られたから(30代女性)」「ロケット団がカッコ良すぎる! そして何より主題歌が最高に好き! (30代男性)」など、 安室奈美恵さんの主題歌『toi et moi(トワ・エ・モワ)』が印象に残っているという声もありました。
 

「息子と観て、感動」……40代から支持を受ける最近の作品

画像出典:Amazon
40代の2位は、2017年公開の第20作目、『ポケットモンスター キミにきめた!』。全ての原点、サトシとピカチュウの出会いと伝説のポケモン「ホウオウ」を探す冒険を描いた物語です。回答者からは、「息子と観て、感動しました(40代男性)」「あんなにピカチュウと今は仲良しなのに、出会ったころは仲良しでなくて、そういうところがフォーカスされて描かれているのがよかったです(40代女性)」「子供と一緒に見ました。とにかくピカチュウが可愛い。勇気をもらえる映画です(40代女性)」などのコメントが寄せられました。
 
画像出典:Amazon
3位には、2018年公開の21作目『ポケットモンスター みんなの物語』がランクイン。サトシとピカチュウが風の街・フウラシティで出会った5人の仲間たちのそれぞれの悩みやポケモンとの関係性が今までにない視点で描かれた作品です。回答者からは、「最後まで目が離せなかった(40代女性)」「友情や絆をテーマにしているものが特に好き(40代男性)」などのコメントが寄せられました。

※回答者のコメントは原文ママです

【おすすめ記事】
ポケモンの「最初の3体」は何を選ぶ? ゲーム世代別御三家ランキング!
ポケモンの好きなゲーム作品ランキング! 30代、40代で1位に輝いたタイトルは……?
「ポケモン」のオリジナルポストが横浜市内に登場! 除幕式にはピカチュウも
自宅がバレる?知っておきたい「ポケモンGO」のリスク
「好きな『スーパーマリオ』関連のゲーム」ランキング! 2位は王道「スーパーマリオブラザーズ シリーズ」、1位は?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは