マーケティングフルサポートは2月1日、クラウドワークスに登録している副業者316人を対象とした「副業者の実態調査」の結果を公開しました。

2月9日の「副業の日」にちなんで実施された本調査では、コロナ禍による影響や本業との両立に関する意識、単発で仕事を請け負うギグワーカーたちの実態などが明らかとなっています。早速結果を見ていきましょう。
 

回答者の約5割はコロナ禍(2020年)以降に副業開始

「副業を始めたのはいつですか?」を見ると、最も多かったのが「2018年より前」で30.4%、次いで「2021年」が25%、「2020年」が18.4%でした。コロナ禍が本格的に始まった「2020年以降」の回答は46.2%、全体で約5割となっています。
 
副業を始めた年(プレスリリースより)
副業を始めた年

「副業を考えるようになったきっかけ(複数回答可)」を聞いたところ、圧倒的に多かったのは「収入を増やしたいため」(266人)で、2位の「趣味や得意なことを収入にしたいと思ったから」(74人)の約3.6倍という結果に。
 

副業者の約7割は「ギグワーカー」、ポイントサイトや懸賞が人気

「副業でしている仕事内容」について聞いたところ、「単発の仕事」が73.7%、「継続的な仕事」が26.3%でした。単発で仕事を請け負う「ギグワーカー」的な副業をする人が圧倒的に多いことが判明しています。
 
副業の種類について(プレスリリースより)
副業の種類について

「仕事を獲得する手段(複数回答可)」を見ると、1位「その他のウェブサイト、SNS」で174人、2位「スマホアプリなど」が130人、3位「口コミ、紹介」が80人という結果に。
 
仕事を得る手段(プレスリリースより)
仕事を得る手段

「どんな分野での副業をしていますか?(複数回答可)」と聞いたところ、圧倒的に多かったのが「懸賞、アンケートモニター、ポイントサイトなど」で212人、次いで「ブロガー、ライターなど」で86人、「株式投資、FX、仮想通貨など金融系」で76人と続きます。
 

副業者の6割は「副業年収10万円以下」と回答

「実際の副業の年収」について聞いたところ、1位は「10万円以下」で60.1%、2位は「10万円以上100万円以下」で36.4%。100万円以上を稼ぐ人はわずか3%程度です。
 
副業で得ている年収について(プレスリリースより)
副業で得ている年収について

副業に対する満足度を調査したところ、 47.2%が「不満」と回答。理由を聞くと「報酬が低い」や「思ったより稼げない」など、収入の低さを挙げる人が多かったようです。
 
副業に対する満足度(プレスリリースより)
副業に対する満足度

一方で「満足」と回答した人の理由では、「小遣い稼ぎができている」や「スキルを生かせる」、「スキマ時間を有効に使える」など、楽しんでいる様子が見られました。


【おすすめ記事】
平均残業時間が少ない職種ランキング! 2位 営業事務アシスタント(11.1時間)を抑えた1位は?
平均残業時間が多い職種ランキング! 2位 クリエイティブ職(32.5時間)、1位は?
都内中小企業852社調査「平均月間賃金」は約38万円、令和2年度の「平均賞与支払い額」は?
人事担当者に聞いた「出世・昇進する社員の共通点」! 半数以上が回答した重要な要素とは?
退職者が選ぶ「辞めたけど良い会社ランキング2021」! 3位「A.T.カーニー」、2位「グーグル」、1位は?

【関連リンク】
プレスリリース