NEXERが運営する日本トレンドリサーチは2021年12月30日~2022年1月11日、全国の男女2200人を対象に「メタバースの利用」に関する調査を実施。メタバースの利用経験や、メタバースで実現してほしいことなどを尋ねています。
 

Meta社(旧:Facebook)の社名変更によってますます現実味が増した「メタバース」ですが、一般の認知度はどれくらいなのでしょうか。結果を見ていきましょう。
 

4人中3人は「メタバースを知らない」

「メタバース」という言葉の認知については、75.6%が「知らない」と回答。「聞いたことはある」が16.1%で、「知っている」と答えた人は8.3%でした。
 
メタバースという言葉を知っていますか?(プレスリリースより)
メタバースという言葉を知っていますか?(プレスリリースより)


「聞いたことはある」を足しても、知っている人は4人中1人だったことが判明しています。
 

メタバースを利用したことがある人は全体の6割程度

「知っている(聞いたことはあるを含む)」と回答した人に、メタバースの利用経験について聞いたところ、最も多かったのは「利用したことがない(サービス内容を知らない)」で39.7%という結果に。メタバースという言葉は知っていても、利用したことがある人は6割程度のようです。

メタバースのサービスで利用したことがあるものは?(プレスリリースより)
メタバースのサービスで利用したことがあるものは?(プレスリリースより)


利用したサービスに絞って見ると、1位「オンラインゲーム(29.6%)」、2位「オンラインチャット(16.2%)」、3位「バーチャルイベント(15.1%)」と続きます。
 

コロナ感染対策や新しい働き方として期待されている「仮想オフィス」は8.9%、「就職活動」は3.9%となっています。
 

メタバースで実現してほしいことは「世界中の人と交流」や「遠隔医療サービス」

「メタバースで実現してほしいこと」は、「仮想空間での海外旅行」や「世界の人々と交流」「高齢者同士の交流の場」といった娯楽やコミュニケーションを目的としたもの、「生活に関するいろんな手続き」や「自動車の運転教習」「過疎地への医療サービス」といった実用的なものまで、さまざまなアイデアが寄せられています。
 

渋谷区が提携企業とともに立ち上げたデジタル空間「バーチャル渋谷」では、仮想空間内でハロウィンやクリスマスイベントが開催されるなど、少しずつ存在感を増しているメタバース。今後は、どのように生活に浸透していくのでしょうか。



【おすすめ記事】
アメリカ人の約7割は「メタバース」に興味なし、世論調査
Facebookが「Meta(メタ)」に社名変更。ところで「メタバース」って、いったい何のこと?
ソニー、PS5向け次世代VR「PlayStation VR2」を発表! 詳細を公開
スマホ「格安プラン」満足度ランキング! 2位「LINEMO」、1位は?
LINEで使わないともったいない便利機能3選! 上級者なら当たり前?


【関連リンク】
プレスリリース
日本トレンドリサーチ
NEXER