不動産価値分析AIクラウドサービス「Gate.(ゲイト)」を提供するリーウェイズは1月17日、「マンション価格の相場が高い鉄道路線ランキング」を発表しました。関西圏(大阪府・京都府・兵庫県)にある各駅のマンション価格を集計し、路線別でまとめたものです。

価格は、各路線の駅にある徒歩10分、60〜80平方メートル、築5〜15年以内のマンションから平均を算出したものとなっています。早速結果を見ていきましょう。
 

上位15路線中、大阪メトロが7路線ランクイン! 1位の路線は?

TOP3は、3位「京都市営地下鉄東西線」で駅数17、平均価格は4809万円、2位「大阪メトロ堺筋線」で駅数10、平均価格は5055万円、1位「京都市営地下鉄烏丸線」で駅数15、平均価格は5249万円でした。
 
関西圏のマンション価格相場が高い路線ランキング(プレスリリース画像より抜粋)
関西圏のマンション価格相場が高い路線ランキング(プレスリリース画像より抜粋)

4位以下を見ると、大阪メトロが御堂筋線、四つ橋線、長堀鶴見緑地線、千日前線、谷町線、中央線の合計6路線(堺筋線を除く)、JRが神戸線(大阪〜神戸間)、京都線の2路線ランクインしています。

本ランキングの対象となったのは上記を含めた合計33路線。算定駅数10以上の路線のみに絞っています。物件選びをしている個人や投資家、新築物件の開発を検討している不動産会社を想定しランキングを作成しているとのこと。有名なエリアはもちろん、あまり詳しくないエリアの価格水準を把握できます。



>次の記事:15位までのランキング結果



【おすすめ記事】
山手線内のマンション価格上昇度ランキング! 2位は「日暮里」、1位は……?
中古マンション購入検討者の人気駅ランキング! 3位「新浦安駅」、2位「横浜駅」、1位は?
不動産のプロに人気の「マンションの設備」ランキング! 共用設備1位は「宅配ボックス」、室内1位は?
お金をかけてでも……! 不動産のプロが選ぶ「付けたい設備」ランキング! マンションの1位は「浴室暖房乾燥機」、一戸建ては?

【関連リンク】
プレスリリース