ハーゲンダッツ ジャパンは、月に1回以上ハーゲンダッツを食べる10~60代の男女300人(男女各150人)を対象に、2021年7〜12月に発売されたハーゲンダッツ新商品で「また食べたい」と思うフレーバーについてアンケートを行いました。性別で比較すると男性と女性とでは「また食べたい」と思うフレーバーが異なりますが、この記事では総合ランキングTOP3を発表します。
 

3位:「ミニカップ 華もち『吟撰(ぎんせん)きなこ黒みつ』」

ミニカップ 華もち『吟撰(ぎんせん)きなこ黒みつ』
ミニカップ 華もち『吟撰(ぎんせん))きなこ黒みつ』

2021年下半期に発売されたハーゲンダッツアイスクリームの人気ランキング、第3位は2021年9月14日に発売された「ミニカップ 華もち『吟撰(ぎんせん)きなこ黒みつ』」です。ミニカップ華もちはやわらかい餅と、こだわりの素材、濃厚な味わいのアイスクリームが人気のシリーズ。ハーゲンダッツの特設サイトによると、カップを押して少しやわらかくなる頃が、おいしく食べる目安です。

開発者のこだわりは、厳選したきなこと、やわらかな餅、相性抜群の黒みつソースが織りなすぜいたくな和の味わいだとか。消費者からも「きなこと黒みつが想像以上のおいしさで、他にはない特別なアイスクリーム」と絶賛される一品です。
 

2位:「濃苺(こいちご)」

濃苺(こいちご)
濃苺(こいちご)

2位は「濃苺(こいちご)」です。「濃苺」の商品名は完熟イチゴの濃厚な味わいを表現しており、パッケージのデザインや色からも、みずみずしくて真っ赤なイチゴの甘酸っぱい風味が伝わってきます。女性のみのランキングでは「濃苺」が1位に選ばれました。

「濃苺」の秘密は隠し味のイチゴ酢。イチゴ酢とは、イチゴを原料とした醸造酢のことで、本物のイチゴを食べているような果実感やすっきりとした味わいをもたらしています。

一方ハーゲンダッツには、1992年に発売されて以来人気の「ストロベリー」フレーバーがあります。「ストロベリー」の特徴は濃厚なミルクの味わいです。さっぱりとしたイチゴ味なら「濃苺」、クリーミーなイチゴ味なら「ストロベリー」とより分けると良さそうです。

ただ「濃苺」は2021年夏限定のフレーバーで、残念ながら現在は製造終了しています。
 

1位:「バー『キャラメルパーティー』」

バー『キャラメルパーティー』
バー『キャラメルパーティー』

第1位にランクインしたのは、「バー『キャラメルパーティー』」。特に男性に人気がある商品です。

「キャラメルパーティー」は、さまざまな食感が楽しいキャラメルフレーバーのバーです。表面のパリパリしたキャラメルチョコレートコーティングに、ざくざくした塩キャラメルクッキーがアクセントになっており、内側はクリーミーなキャラメルアイスクリームで構成されています。さらに、ところどころでビターなキャラメルソースが味わえる、ぜいたくな一品です。1本丸ごとキャラメルづくしで食べ応えもありますが、変化のある食感と味わいで最後まで飽きさせません。

「キャラメルパーティー」は期間限定の販売で現在、製造は終了しています。



>10位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
ファミマが「いちご収穫祭」を開催! 週5で通うファミマ大好き家族が選ぶおすすめ商品3選
イチゴの季節が到来! シャトレーゼのお手頃価格「イチゴスイーツ」おすすめ3選
ミスド新作はベルギーの老舗チョコブランド「ヴィタメール」とのコラボ! 全4種を食べてみた
ファミマの「バタービスケットサンド あまおう苺」を実食。いちごの甘酸っぱさがクセになる味

【関連リンク】
プレスリリース