伊勢谷友介、水粘土で作ったゾウを披露! 「丸みがとても優しくて、愛おしささえ感じてしまいます」

俳優の伊勢谷友介さんは1月12日、自身のInstagramを更新。水粘土で作った立派なゾウを披露しました。コメントでは「丸みが可愛いぞうさん 優しい顔と背中が素敵です」と、丸みのあるゾウをかわいいと思う人が続出しています。

俳優の伊勢谷友介さんは1月12日、自身のInstagramを更新。水粘土で作った立派なゾウを披露しました。
 

「本当にお見事なゾウさんです!」


伊勢谷さんは「実は一昨年の年末ハマっておりましたは、受験のため、高校生の時に慣れ親しんだ『水粘土』。最初の1匹目は直径30cmの球体をベースに作った象さん」とつづり、水粘土で作ったゾウの写真を4枚と動画を1つ載せています。

「直径30cmの球体をベースに作った」とのことで、それなりに大きなサイズのゾウだと分かります。ゾウの目や牙、耳など細部もしっかりと丁寧に作り込まれており、伊勢谷さんがとても器用な手先の持ち主だと伝わってきます。

続けて、社会に対する自身の思い長文でつづっています。最後は、「モノづくりの中に『自分の中の小さな幸せ』に気がつくきっかけになった。自分の幸せは、人類の成長とは関係ない。そんな記念すべき『象さん』です」との言葉で締めています。社会における自分の立ち位置を一度失ってしまった伊勢谷さんだからこそ、「小さな幸せ」に気が付くことができたのかもしれません。

コメントでは、「丸みが可愛いぞうさん 優しい顔と背中が素敵です」「象さんだいすきな私にとって癒しのまわまる 愛おしいうつむき加減 流石です…私も水粘土に熱中したい」「本当にお見事なゾウさんです!この丸みがとても優しくて、愛おしささえ感じてしまいます」と、丸みのあるかわいいゾウのことを気に入る人が続出しています。

伊勢谷さんはゾウ以外の動物も作ってくれるでしょうか。もっとたくさんのかわいい動物を見てみたいですね。


次ページ:伊勢谷友介さんの日常投稿もっと見る


【おすすめ記事】
氷川きよし、20歳のときに撮影した真冬にTシャツ姿の写真を披露! 「若さは宝です!」新成人へのエールも
「炎をまとう。」 有吉弘行が幻想ショット投稿で「炭治郎みたい」「拝みたくなる」
山下智久、雪降る中で自撮り! 「雪を見て嬉しくなるって可愛い」「山Pの髪にかかってる雪になりたい」
生田斗真、京本大我と「歌舞伎座デート」! 「需要が爆発しまくってます」「最高すぎる組み合わせ」
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化