「炎をまとう。」 有吉弘行が幻想ショット投稿で「炭治郎みたい」「拝みたくなる」

お笑いタレントの有吉弘行さんが、1月10日に自身のInstagramを更新。闇夜の中、日にあたりながら緑色の炎をまとっているように見える幻想的な写真を投稿し、その姿が『鬼滅の刃』の主人公・竈門炭治郎みたいだと話題になっています。

お笑いタレントの有吉弘行さんが、1月10日に自身のInstagramを更新。緑色の炎をまとっているように見える幻想的な写真を投稿し、話題になっています。
 

「炎をまとう。」幻想的ショットを公開


有吉さんは闇夜の中ソファに座り、たき火台越しに写る写真を投稿。有吉さんの周りを緑色の炎が漂っているように見え、「炎をまとう。」とコメント。
 

この姿が大人気アニメ『鬼滅の刃』の主人公・竈門炭治郎みたいだと反響を呼び、「炭治郎、みたい」「一瞬炭治郎に見えました」「令和の竈門炭治郎‼︎」などコメントが集まりました。
 

他にも「幻想的な写真ですね。カッコいい!」「幻想的ですこと」「か、神」「拝みたくなる」「先生!炎うらないも⁉️」「おまえも鬼にならないか?」などさまざまなコメントが寄せられました。


>次ページ:有吉弘行さんの他の投稿を見る


【おすすめ記事】
有吉、尾道ラーメンの写真投稿! 「結婚式の時の写真?」「ホテルで食べられるやつですよね?」と憶測
有吉弘行、ディズニーランドのドナルドボートの前でクリスマス写真「夫婦になって初メリクリですね」
「どちらかというとニコラス」有吉弘行が“ひげマスク”着用で「キアヌ。」に変身!
有吉弘行、顔が“むくんだ”姿の写真を公開! 「めっちゃ爆笑しちゃった」「平子さんに似てます」

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在