「48歳ってのにビックリ」華原朋美、虎のコスプレで年女ショットを公開「私も寅年で〜す」

歌手の華原朋美さんが、1月6日に自身のInstagramを更新。「私も寅年で〜す」とコメントして、虎のコスプレをした写真を投稿しました。この“年女ショット”にネット上で多くの反応がありました。

歌手の華原朋美さんは1月6日、自身のInstagramを更新。「私も寅年で〜す」とコメントして、虎のコスプレをした写真を投稿しました。
 

「私も寅年で〜す」虎コスプレ写真を披露


華原さんは2022年の干支である虎の着ぐるみを着た自身のソロショットを披露。8月17日で48歳を迎える“年女ショット”で現状を報告しました。
 

この投稿にネット上では、「朋ちゃん寅っぴかわゆん」「華原朋美が今年で48歳ってのにビックリだ!」「めっちゃ可愛いくないですか」などの声が多く集まりました。
 

2021年は専属マネージャーと誕生日に結婚を発表し、自身のYouTubeチャンネルでプライベートな姿を投稿するなど、精力的な姿を見せてくれた華原さん。2022年はどんな姿を見せてくれるのか楽しみですね。


>次ページ:華原朋美さんの他の投稿を見る


【おすすめ記事】
小沢真珠、45歳の誕生日ショットを公開「45歳には見えないわ~」「真珠さんの年齢びっくり」
最上もが、太もも露出の大胆美脚ショットで新年の挨拶「娘が初風邪をひいてしまって」
渡辺直美、レディー・ガガ&YOASOBIのAyaseコスプレで生中継出演! 「どこに居ても日本の宝と改めて思った」
イモトアヤコ、本物のトラと写った7年前の写真に驚きの声「本物の虎とこんな近い距離すごい」

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『キングダム 大将軍の帰還』は大沢たかおがMVP。それでも、さすがに気になる“テンポの鈍重さ”

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示